loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2010年04月

2010年04月21日

建物配置の確認

伐採が終わってから本格的な設計打合せを重ね、「傾斜地の景勝地」という特殊性を織り込んだ住宅の計画がまとまりました。傾斜地であると同時に、敷地の形状も矩形ではなく変形のため、建物を配置するにも捉えどころがなく、非常に難しくなっています。

YKFjina026.jpg
そのような状況を踏まえ、眺めの良さと家相のバランスを見ながら建物の角度を決めたり、設計GLと呼ばれる地盤面設定をどこにするかを考えながら、現地に縄張りを行いました。

Go to top