loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2012年01月

2012年01月31日

クロス・左官工事

クロス工事は、下地処理が終わり、クロス貼りに。でんぷん系の自然素材ののりで施工します。
漆喰の工事は、周りにつかないようにテープ貼り中です。養生(ようじょう)といいます。
塗るのも大変ですが、養生も時間がかかります。丁寧に行います。
sai2.jpg

Go to top

2012年01月31日

格子

YNO120131gattai.jpg青空に映える矢切と玄関格子。軒裏のスギの木目もきれいです。

Go to top

2012年01月31日

木工事開始

resize0104.jpg
resize0105.jpgチームプレーで上棟したあとは、個人プレーで木工事。

Go to top

2012年01月31日

外観

P1250013.jpg

Go to top

2012年01月30日

給水管

SF120130.jpg
(写真左)施工前。
(写真右)施工後。

Go to top

2012年01月30日

エアサイクル部材

MWSgattai001.jpg右が小屋裏の空気を逃がしたり閉じ込めたりする穴のオープナー。スイッチで自動開閉できます。

Go to top

2012年01月30日

土台敷き

HJF120130.jpg
円柱型のコラム基礎をつなぐように土台を敷いていきます。
見るからに、風通しがよさそうです。
将来メンテナンスのために床下にもぐる時も、動きやすさ満点。

Go to top

2012年01月29日

構造見学会

120129TSKkozo.JPG構造見学会を開催しました。
手前の花桃の木は、お施主様のリクエストで建物の際ながらもなんとか残した一本。
新居の玄関へのアプローチは、枝の下をくぐって上がることになります。
工事中の支柱は現場管理担当作。ちょっとした大工仕事もできます。

Go to top

2012年01月29日

エアサイクル地域研修会

ホームページのリニューアルに伴い、コラムの更新が滞ってしまい失礼しました。

今月18日に、静岡県浜松市でエアサイクルグループの地域研修会が開かれました。
この地域研修会は今回で3回目になりますが、1回目は群馬県高崎市にある立見建設のモデルハウスを見学しました。
2回目は一昨年、東京で行われた全国大会の翌日に、当社コンセプトハウスを見ていただきました。

そして今回、静岡県浜松市に建てられたサン住宅のモデルハウスを見学するため、全国から100名近くの方々が集まりました。

先ずは午前と午後の2組に分かれて、建物の見学が行われました。

kengaku01.jpg

初めにサン住宅の室伏社長から計画の概要が説明され、その後は自由見学です。
サン住宅のスタッフに質問をしたり、写真を撮ったりして、どなたも細部の造りや全体のバランスなどを熱心に観察していました。

kengaku02.jpg
sanjutaku_naikantate.jpg

当社は、初秋の社内研修で仕上工事前の建築現場を訪れていましたが、今回参加した6名のうち、社長と私以外の4人は完成したモデルハウスを見るのは初めてでした。
したがって当社の住宅にも活かせるところはないかと、他社の見学者以上に真剣に目を凝らしていたようです。

ちなみに私はその時、打合せ用のスペースを借りて、研修に来ていた早川工務店の早川さんと、設計中の自宅兼モデルハウスの打合せをしていました。
早川さんの住宅は3月初めに上棟する予定ですので、またこのコラムで報告します。


見学会終了後、浜松駅ビルの会議室に場所を変えて、視察研修の記念講演が行われました。

テーマは「モデルハウスの設計コンセプト」、講演者は私です。

計画の背景から具体的な設計手法についてまで、スクリーンに映像やレジュメを映しながら、1時間半の講演を行いました。
少ない聴衆の前で話すことには慣れていますが(苦笑)、会場ぎっしりの約100名を前にすると流石に少し緊張します。

sanjutaku_seminor.jpg
住宅をつくる側の人たちを相手にする講演は、専門用語を交えたり、話す言葉が伝わりやすい点は楽なのですが、話の内容は必然的に高度なものが求められます。
北は岩手県、南は鹿児島県から「どんな話が聞けるかな」と楽しみに来られた方もいるので、少しも手が抜けません。

本業である設計業務の手を止めて、仲間と家族に迷惑を掛けながら、前日まで講演の準備をしてしまいました(笑)。

参加者の一番の関心事は、恐らく外観デザインです。
なぜなら、室内の空間デザイン以上に難しいのが外観デザインだからです。
建て主の要望を受けてそのまま家を建てると、大抵の場合、ぱっとしない外観が出来上がってしまいます。
外観を美しく見せるためには、ルールを整備してそれを守ることが必要なのです。

sanjutaku_gaikan.jpg
実は昨年の1月から2月にかけて、『建築知識ビルダーズvol.4』の原稿をまとめていました。
特集タイトルは「住宅の外観デザインマニュアル」で、自分に与えられたテーマは「和モダンの外観デザインテクニック」でした。
偶然にも、モデルハウスの基本設計がちょうど同じ時期に重なっていたので、自分の中でもうまく整理して進められたのだと思います。

講演でもその内容を反復し、サン住宅モデルハウスの外観に当てはめて解説しました。
階高を低く抑える。緩勾配の切妻屋根を架ける。軒先を薄く見せる。彫を深くする。
窓を取る位置に注意する。板張りの外壁や木製の竪格子を採り入れる。
これらを実践すれば随分と外観の印象は変わると思いますが、本質的に外観デザインを整えるためには、プランニングから考えることが大切です。

そういう言う訳で、自社のデザイン、住宅設計を見直したい方は声を掛けてくださいね、と営業宣伝をして講演を締めくくりました(笑)

岸 未希亜

Go to top

2012年01月29日

地鎮祭

MDYjichinsai01.jpg晴天吉日、地鎮祭を執り行いました。
MDYjichinsai02.jpg玉串を奉って、土地の神様に建築のお許しをいただきます。

Go to top

2012年01月28日

木工事完了

ETM120128.jpg
木工事ほぼ完了!他でやらないようなデザインが沢山あったお家ですが、仕上がりやいかに!

Go to top

2012年01月28日

基礎

OKS120128_2.jpg
基礎の立ち上がり部分も完成。いよいよ土台を敷いて、上棟です。

Go to top

2012年01月28日

木工事

YCI120128gattai.jpg

Go to top

2012年01月27日

上棟

resize0103.jpg
resize0102.jpg道が細くクレーン車が入れないため、人力で手起こし。
それでも屋根まで出来上がりました。

Go to top

2012年01月27日

完成

AMTkanseigattai.jpg床暖房、漆喰や板張りなど機能・素材の充実したお宅です。
もうすぐ完成見学会。デザイン的には玄関とお風呂が見どころ。

Go to top

2012年01月26日

キッチンカウンター

ETM120126.jpg
木製手づくりキッチンカウンター。

Go to top

2012年01月26日

玄関ドア

CIMG6767br.jpg造作の木製玄関ドアです。この家のための手作り品。

Go to top

2012年01月26日

クロス工事

内装のクロス工事がスタート、まずは下地作りから。
大工の下地がいいとパテ処理も楽です。丁寧に下ごしらえ。
パテもしっかり処理するとクロスの仕上がりがきれいです。
sai1.jpg

Go to top

2012年01月25日

仕上げ

DNKkansei01.jpg

Go to top

2012年01月24日

木工事完了

木工事が完了しました。
YNO120124gattai1.jpgダイニング&階段
YNO120124gattai2.jpg曲がり梁
YNO120124gattai3.jpg相模原の冬は冷えます 断熱し甲斐があります

Go to top