loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2012年08月

2012年08月31日

湯どの庵

先日、2年点検で平塚市のお宅に伺いました。

この家は、私が神奈川エコハウスに入って最初に契約していただいた住宅のため、たいへん思い出深い仕事です。たまたまご主人が自分と同じ高校の卒業生で大先輩であったこと、奥様が建築好きでいろいろと話が合ったことなど、運命的なものがあったような気がします(笑)

奥様からは「ありきたりの家は嫌だわ」と、生活面からの要望以上に建築的な面白さを求められました。新築する家は、エアサイクル工法によって今の住まいより快適性が増すのは確かなので、暮らしていて楽しくなるような、招いたお友達にも楽しんでもらえるような空間を考えることに注力したのです。

yudono1.jpg
そこでこの家の主役にしたのが、ダイニングでした。なぜなら、成人している子供との団らんは主に食事の時間であり、また奥様が友達をお招きする時は、ダイニングでお茶を飲みながら話をして過ごすことが多いからです。しかも、時にはキッチンとダイニングを囲んで料理教室のようなこともするという話をお聞きしたので、ダイニングで椅子に座った人の目線と、キッチンに立つ人の目線を同じ高さにしようと、「ステップフロアダイニング」を考案しました。造り付けのベンチに腰掛けると、家じゅうが見渡せるのと同時に庭木が間近に見えて、たいへん気持ちのよいコーナーになっています。

さて前置きが長くなりましたが、主寝室にまつわるエピソードを紹介します。
主寝室は畳敷きなのですが、「単純な和室ではなく和モダンの旅館のようなイメージにしたい」という奥様からの要望があり、遊び心のある空間として考えた場所の一つです。和モダンの宿が掲載されている雑誌をめくりながら、無理なく造れる寝室のかたちを模索していたところ、一つの宿が目に留まりました。
それが山形県・湯田川温泉にある「湯どの庵」でした。

yudono2.jpg
凝りに凝ったベッドルームも面白いのですが、あまりにも非日常的な空間では住宅の寝室として落ち着かない面もあると思い、シンプルな構成ながら少し遊び心を感じさせる小上がりの畳敷きにしたのです。地窓には飾り棚を兼ねた戸袋を設けて、障子と簾戸が引き出せるようにしましたが、この簾戸のお陰で夏も涼しい風が入ってくるそうです。

yudono3.jpg
当時、奥様は「私も湯どの庵には一度行ってみたいと思っていた」とたいへん喜んでくださいましたが、今夏、遂にその「湯どの庵」に泊まられたとのこと。これには私も嬉しくなってしまいました。
「湯どの庵」は、大正末期に建てられた数寄屋建築を湯野浜温泉「亀や」のオーナーが買い取り、家具デザイナーの岩倉榮利氏が中心となって全面改装した宿泊施設です。モダンデザインと機能美を巧みに取り入れながら、和の風情を大切にした空間づくりになっていて、日本人の心を和ませる宿のようです。

yudono4.jpg
お土産にいただいたパンフレットも、センスのよいこんな素敵な冊子でした。
子供を誰かに預けて夫婦だけで泊まりに行きたい、そんな宿ですね。

岸 未希亜

Go to top

2012年08月31日

金物検査

MIK0831A.jpg

自社で、金物の種類、位置、ビスの打ち方などをチェックします。
第3者機関による中間検査も行います。

Go to top

2012年08月29日

サッシ取り付け

P8300020.jpg
中央に見える機械は、窓を取り付ける際に、水平や高さを確認するための機械です。

Go to top

2012年08月28日

屋根断熱

夏場は、屋根は日差しを受けとても暑くなります。
屋根の勾配に沿って断熱材を入れ、屋根からの熱を遮断します。
KGY-120828.jpg

Go to top

2012年08月28日

お風呂

KDK0825.jpg

ハーフユニットバスの浴室です。

Go to top

2012年08月27日

制震GVA

THO0827.jpg
黒い鋼材は、GVA<ジーバ>と言います。ジーバのダイヤモンド型フレームには、特殊な制震材が組み込まれており、建物の振動エネルギーを効率よく吸収することができます

Go to top

2012年08月27日

フローリング

MUS120827.jpg
下地の合板の上にカバザクラの無垢板を張っていきます。
手前側に並んでいる小さな黄緑色のピラピラは、無垢板が季節により膨張・収縮するのを吸収する隙間を確保するためのスペーサーです。
ひとつひとつ挟み込みながら、フローリングを張っていきます。

Go to top

2012年08月26日

完成

DNO0826D.jpg洋風テイストのしゃれた外観ですね。

DON0826D.jpg


DNO0826B.jpg
飾り棚の隣には、スライドの机を付けました。

DNO0826A.jpg
ダイニング/リビングルームと、プレイルームが引き戸一つで、広々としした空間になります。

Go to top

2012年08月24日

多治見の家

昨年の夏に基本計画をスタートしてから約1年が経ち、
「多治見の家」が完成しました。

tajimi31.jpg

物語は1年前に遡ります。岐阜県多治見市からやって来た若い家族は、曾祖父の代から大工を営み、父の代から工務店を業としているという早川工務店の、近い将来4代目になるご主人とその奥様、そして2人の子供たちでした。
早川工務店がエアサイクルグループに加盟している関係で当社のコンセプトハウスのことを知り、設計を依頼するために遠路、藤沢まで来てくださったのです。

この家は、住んでいる所を見ていただくモデルハウスの役割を持っています。
したがってご家族からの要望は控えめに、工務店の家づくりを示していくような内容を中心に、大きく3つの要望をいただきました。

その一つは大きさです。40~45坪の住宅が多いという土地柄を考慮し、4人家族(5人家族になることを想定)にとってはゆとりのある42坪弱の住宅として設計しました。

その二は住宅の中に美濃焼(陶器)を生かすこと。多治見市は土岐市と並んで美濃焼の中心地であるため、地域の特色を出すためにも、タイルや洗面器に美濃焼を使うことを考えました。

その三は和モダンのデザインです。同社がこれまで造ってきた家にも良さはありますが、もっと幅広い世代に受け入れられる住宅として、当社のコンセプトハウスのようなデザインを望まれました。

そして「後は岸さんにお任せします」という言葉が建築家魂をくすぐりました。
それは「好き勝手にやる」ということではなく、建て主の希望、敷地と周辺の情報、そして自らの美意識を基にして、その場所、その家族に最も相応しい住宅をつくりあげる作業です。
要素はできるだけ整理してシンプルに思考することが、いい住宅をつくる秘訣だと思います。

「建て主の希望」は、「住む人の生活」に置き替えると優先順位を誤りません。
早川さんにも、現在の生活や将来の家族像について雑談のような形で語ってもらい、間取りのヒントにしました。

「建て主の希望」以上に、「敷地と周辺の情報」が間取りや家の形を決定付ける要因になります。方位と敷地の形、大きさだけではなく、道路付け、隣家の状況、敷地から見える景色などが手掛かりになります。

tajimi32.jpg
多治見の家は、周囲を山に囲まれた長閑な環境にあって、北に川、西に畑、東に林というように周囲に建物がなく、敷地の大きさも約85坪と広いため、日照、採光、通風は万全です。
それに加えて川向こうには美濃焼の窯元が集まる旧道があり、北側の窓からは、森の木々を背景にして古い家並みを見ることができます。北側に和室と月見台を設け、寝室や浴室には景色を眺められる窓を設けました。
逆に川向こうからも建物がよく見えることに加え、モデルハウスとして多くの人を迎えるため、「立ち姿の美しさ」はいつも以上に意識しました。

tajimi33.jpgリビングから和室、そしてダイニング・キッチンへと連続する空間の広がり。キッチンの壁にはグレーの美濃焼タイルを貼りました

tajimi34.jpg三方を囲われたリビングは落ち着きのある空間。間接照明の優しい光も効果的

tajimi35.jpg浴室から連続する壁・天井はヒノキ。洗面所の腰壁はモザイクタイルを貼りました

tajimi36.jpgトイレの手洗器、2階ホールの洗面コーナーにも美濃焼の器を設置

tajimi37.jpg木組みのデザインと開放的な空間は、日本の家のかたち。チョークが使える黒板の壁に子供たちが落書きをしています

tajimi38.jpg床、天井には杉板、壁は火山灰シラスを成分とした塗り壁で清々しい空気感の子供部屋。小屋組みを利用した間接照明を設け、天井に照明器具を付けていません

tajimi39.jpg2方向に連続するコーナー窓が景色を切り取ります


暮らし始めたばかりのご家族に感想をお聞きすると、エアサイクルの効果を絶賛しました。それもそのはず、多治見市はかつて熊谷市と並んで日本の最高気温40.9℃を記録し、この夏も日本最高気温を何度も記録している「日本一暑い町」なのです。設計の良しあしを聞くのは、もう少し先まで待ってみましょう(笑)

岸 未希亜

Go to top

2012年08月23日

サッシ周り

サッシ枠の周りに防水処理を施します。
特に下部は小さな隙間から水が入りやすいので、専用の防水シートで対策をします。
KGY-120823.jpg

Go to top

2012年08月22日

上棟

MIK0822B.jpg

MIK0822A.jpg

MIK0823A.jpg

大工達の抜群のチームワークで、1階床、2階床、柱と梁、屋根まで一気に組み上げて行きます。

Go to top

2012年08月22日

照明器具取付

NNK51.jpg
吹抜空間に遠藤照明のペンダントを設置。
丸い乳白ガラスからぼんやりと淡い灯りが雰囲気を出します。
NNK50.jpg
コンパクトなスポットライト。
355°首が振れるので壁や床、アッパーにして天井も照らせます。
又、場所によってハロゲン球とLEDの使い分けをしています。

Go to top

2012年08月21日

解体

KBA0821.jpg
解体作業が始まりました。高低差がある土地なので、ショベルカーをクレーン車で釣り上げての作業です。

Go to top

2012年08月21日

外構工事

DNO0821.jpg
デッキが完成しました。広々としたデッキでの過ごし方は、色々ありますね。リビングからの解放感にも一役かいます。

Go to top

2012年08月20日

建具工事

KDK0821.jpg
サッシと手摺りの受けが付きました。黄色いテープは、気密防水テープです。開口部や、ボードの継ぎ目に張ります。

Go to top

2012年08月20日

外張り断熱

断熱材をはっていきます。
panelimg120818.jpg
断熱材の継ぎ目には気密防水テープをはります。
panelimgKGY120820.jpg

Go to top

2012年08月19日

起工式

YYM120819.jpg
仏式の起工式です。散花などを執り行いました。

Go to top

2012年08月19日

「SUMAI no SEKKEI」に掲載されました

sumai1.jpg
扶桑社 SUMAI no SEKKEI(住まいの設計)9/10月号にアースデザインオフィスで設計をした「サン住宅モデルハウス」が掲載されました。

sumai2.jpg
sumai3.jpg
浜松に建つこのモデルハウスは、エアサイクル主催の「デザインフォトコンテスト2011」で最優秀賞を受賞したため、副賞として同誌への掲載が実現しました。
全国の書店に置いてありますので、ぜひご覧ください。

Go to top

2012年08月18日

土台敷

MIK0818.jpg
コラム基礎の上に、耐久性のあるヒノキの土台を敷きます。

Go to top

2012年08月17日

今月のお花

flower120817.JPG

今月からしばらくの間、お花を花瓶に飾るのを一旦止めて、鉢植えを飾ることになりました。
鉢植えは長持ちするため、月に一度くらいの交換で済んでしまい、手間があまりかかりませんね。
夏期は「今週のお花」を「今月のお花」に改め、一月または隔週ごとに、花を飾る風景をお届けします。


今月は、玄関にコチョウラン(胡蝶蘭)を飾っています。
お店の開店祝いとして飾られている様子をよく目にするお花ではないでしょうか。
華やかな色形や花言葉「幸福が飛んでくる、あなたを愛します」ということから、贈り物に最適なお花です。
たしかに、幸せが当たり前のように入ってきそうな華やかさです。

夏は花瓶の水の温度が高くなりやすく、お花もしおれやすくなってしまいます。
花瓶の水を換えてもしおれてしまったり、頻繁に換えることが難しい場合は、鉢植えを飾ってみてはいかがでしょうか。


※「今週のお花」(夏期は「今月のお花」)では、コンセプトハウスに飾っている花を紹介しています。季節によって変わる、花を飾る風景をお楽しみください。

文章および写真:豊加(スタッフ)

Go to top