loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2013年09月

2013年09月30日

岩村城と城下町

アースデザインオフィスの活動報告が滞っていましたが、8月に本巣市で土壁の住宅が完成し、9月には土岐市でエアサイクルの住宅が完成。また長良川と揖斐川に挟まれた安八町では、ご実家の庭先に建てる子世帯の住宅が完成しました。現在は、基本設計をしたモデルハウスが本巣市で工事中、そして多治見市では新しいお客様の住宅を計画中です。

今回、その岐阜出張の機会を利用して、まだ見たことのない町並みを見に行ってきました。

mino1.jpg 美濃市美濃町(商家町:重伝建地区)

以前にもお伝えした通り、岐阜県には多くの町並みが残っています。特に有名なのは、合掌造りの民家が集まる白川郷、天領として栄えた高山、卯建(うだつ)の町並みとして知られる美濃です。いずれも重要伝統的建造物群保存地区(以下、重伝建地区)に選定されていて、観光地としても有名です。
岐阜県にはこの3市町4地区(高山には保存地区が2つある)以外に、重伝建地区がもう一ヶ所あるのですが、ご存知でしょうか。それが今回訪れた恵那市岩村町です。

iwamura01.jpg 恵那市岩村町本通り(商家町:重伝建地区)

岐阜県南東部の山間にある岩村町は、長野県と愛知県の県境にも近い小さな町です。8km北にある中央本線の恵那駅から第三セクターの「明知鉄道」が走っているとはいえ、交通の便がいいとは言えない場所にあるため、これまでなかなか来る機会がありませんでした。そんな訳で予備知識も少なく、過度な期待も抱かずにやって来たのですが、そのメインストリートを見て「来て良かった」と心から思いました。

iwamura_map.jpg

岩村は城下町としての歴史が古く、鎌倉時代中期には最初の城が築かれ、戦国時代には、西進する甲斐の武田軍とこれを阻もうとする尾張の織田軍が激しい戦闘を繰り返した場所でもありました。関ヶ原の戦いを経て松平家乗が城主になると城下町が整備され、岩村川を挟んで北側に武家屋敷、南側に町人町が配置されます。この町人町は、本町通りと呼ばれる1本の坂道を挟んだ両側に家が並び、城に近い上町には大工、指物師、鍛冶屋などの職人が住み、中町には問屋、下町には商家が並びました。この中町・下町が現在残る町並みの中心部で、江戸期の建物も多く残っています。

iwamura02.jpg
iwamura03.jpg
iwamura04.jpg
iwamura05.jpg

ここの町並みは、平坦な道ではなく坂道というところが最大の特徴で、上り坂を登る時と下り坂を降りる時の景色が微妙に異なる点に面白さがありました。近世の城は平地に造られることが多いため、城下町も城の周囲に平面的に広がっているのが一般的です。しかし岩村城は中世からある山城のため、町も山の斜面に沿って坂道になっています。麓から山上へ続く一本道の城下町というのは、たいへん珍しい光景でした。

iwamura06.jpg
iwamura08.jpg
iwamura09.jpg
iwamura10.jpg

また事前に見た写真には電柱や電線が残っていて、道路も普通のアスファルトだったのですが、行ってみたら電線は地中に埋設され、道路も淡い茶系色で舗装されていて印象が大きく違いました。日本はどこに行っても電柱と電線があって、これが「日本らしい景色」になってしまっていますが、電線のない町を見るとその美しさに溜め息が出ます。

続いてお城の話題に移ります。岩村城には現存する天守閣はもちろん、再建天守もないため、これまで全くノーマークだったのですが、奈良の高取城、岡山の備中松山城と並ぶ日本三大山城の一つに数えられ、城郭ファンにはつとに知られる名城なのです。

iwamura11.jpg
iwamura12.jpg

標高717mの山頂に本丸を構えた岩村城は、江戸時代に諸藩が持つ城の中では最も標高の高い城で、明治維新まで存続しました。天嶮の山を利用し、地形に合わせた不整形な縄張りが特徴で、一の門に到達する前の前半部分は急勾配の石畳が続きます。本丸まで800mという標識を見て「大した距離ではない」と思ったのは間違いで、100m登るのに2~3分を要しました。やがて石塁(石垣)が多く見られるようになり、一の門、土岐門、追手門(いずれも門は残っていない)を過ぎると、城郭らしい雰囲気が漂います。山城は特に飲み水が大切なので、井戸が幾つか残っていました。

iwamura13.jpg
iwamura14.jpg

本丸の石塁は山上にあるとは思えない立派な造りで、特に土砂崩れの補修を繰り返す過程で出来上がった六段の石垣は、人目を惹きつける見事なものでした。実は築城当初から岩村城には天守が無く、本丸には二層の櫓が2基あっただけでした。途中の追手門の脇に三層三階の櫓があり、これが天守の代用をしていたそうです。しかし本丸からは四方の山々を一望することができ、木々が生い茂っていなければ、城下町を見下ろすこともできたはずです。

iwamura15.jpg

息を切らしながらこの本丸に立った私は、400年も前にこのような大規模な建築土木工事が行われていたことに興奮するとともに、永い年月を経ても変わらぬ景色があることに少なくない感動を覚えました。

岸 未希亜

Go to top

2013年09月28日

基礎打設完了

基礎コンクリートの打設が完了しました。
独立基礎は、地中梁で強度を保ち上部の基礎を独立型にすることで、通気性とメンテナンス性を格段にアップさせます。
RSN130928.jpg

Go to top

2013年09月28日

土台敷き

TDS928.jpg

土台には、耐久性のあるヒノキを使用しています。土台が水平でなければ、上に立つ柱も垂直には立ちません。土台が水平になるよう高さ調整を行うことも重要なポイントです。

Go to top

2013年09月26日

胴縁

大工の内部工事と並行して外部壁面の工事を進めています。
外側にアルミが貼られた外張断熱材の上に打たれている木材は、胴縁といいます。
この胴縁の上にサイディングを取付ける為、外壁と断熱材の間に隙間が出来ます。
この隙間がエアサイクル工法の外側通気層といわれ、夏の熱せられた空気を外に排出する道となります。
YNH130926.jpg

Go to top

2013年09月26日

車庫

TNK926.jpg

車庫部分に配筋が施され、配筋検査も行われました。

Go to top

2013年09月26日

外観

IMG_9935.jpg

建物の西側の外観です。

西側の窓からは、雄大な富士山や箱根を臨みます。


Go to top

2013年09月24日

完成

KMN3.jpg

KMN2.jpg

KMN1.jpg

1階、2階の天井を造らずに、床下地や野地板のスギ無垢パネルを現しにする天井仕上げや、箱型のバルコニーは、ロコハウスから取り入れたものです。無垢の木と自然素材の家の完成です。

Go to top

2013年09月23日

防水・気密

開口部の周囲や外部への配管の周囲は特に厳重に防水・気密処理をします。
窓下は小さな隙間から水が入りやすいので専用の防水部材(緑色のシート)をつけます。あらかじめ角型に成型してあるのでコーナーに隙間ができません。
panelimgYNH130923-1.jpg
panelimgYNH130923-2.jpg

Go to top

2013年09月21日

内装完成!!

クリーニングが終了しました!!

仕上がったお部屋をいくつかご紹介します。


【1階リビング】

morita_0921-1.jpg


桧の天井に四角のダウンライトがよく合いますね。
窓の上にも設えた間接照明が柔らかい表情を演出しています。


【造作座卓】

morita_09212.jpg


お施主様のためにつくられたたった一つのオリジナル家具。
立派な一枚板の重厚感ある座卓です。
職人技が脚部にあり、テレビリモコンなどを収納できるしかけが組み込まれているんですよ。

【2階ホール】

morita_09213.jpg


2階も桧の天井になっています。
階段をあがりきったところに広がるホールスペース。
あたたかい色合いの間接照明がお出迎えしてくれます。
LDには造作のワインセラー置き場が作られました。

【玄関】

morita_09214.jpg


二世帯の親世帯側の玄関。
壁を挟んで反対側には子世帯の玄関が出来ました。
玄関の下足入れの木目が美しく、訪れる人の目を惹きます。

Go to top

2013年09月21日

造作洗面台

IMG_5308.jpg

洗面化粧台もオリジナル=造作です。

今回はタイルを施工するのですが、
タイルも色形は様々・・・悩むところです。

本日は、木工事検査日に合わせ、
タイルのサンプルを並べて、どのタイルにするか、お施主様と打合せをしました。

実際の採光や広さなどを感じながら選んでいただきました。

出来上がりが楽しみですね。

Go to top

2013年09月21日

造作家具

IMG_5321.jpg

お部屋の中では、リビングに設置するTV台を造作中です。

それぞれのお家に合わせたオリジナルの家具は熟練の職人が丁寧に手造りで仕上げます。

Go to top

2013年09月21日

足場解体

IMG_53050.jpg

建物を覆っていた足場を解体しました。

サイディングが施工された建物が初お目見えです。

この後は、外構工事の内容を具体化していきます。

Go to top

2013年09月20日

基礎工事

TNK920.jpg

擁壁の基礎の配筋を行いました。擁壁の配筋もしっかり配筋検査を行います。車庫部分の掘削工事も始まりました。

Go to top

2013年09月18日

遣り方、埋炭

TNK918B.jpg
TNK918A.jpg

基礎工事の初めは、遣り方です。基礎の外周に水杭や水貫と呼ばれる木枠を設けて、高さや水平位置の基準を作ります。
遣り方の次は、竹炭200kgを地面に埋めます。手作業で粉状にした炭を埋めていきます。灰を入れては水を撒き、水を撒いては踏んで締固めを繰り返します。

Go to top

2013年09月18日

基礎コンクリート打設

打設する前に、コンクリートの品質検査を行います。
スランプ値(柔らかさ)、空気量、塩化物量を測り、強度試験用のテストピースを作成します。
RSN130918-1.jpg
ポンプ車で生コンクリートを流し込みます。流し込みの際、バイブレーターで生コンを撹拌します。
最後はコテで均して仕上げます。
panelimgRSN130918.jpg
底盤の打設が終わりました。四角く立ち上がっているのは独立基礎。日を改めて打設します。
RSN130918-4.jpg

Go to top

2013年09月17日

配筋検査

panelimgRSN130917-1.jpg
panelimgRSN130917-2.jpg
基礎の配筋検査です。底盤・立上り・地中梁・コラム基礎と、鉄筋の配筋状況を記録していきます。
鉄筋の太さ・間隔などをすべてチェック。コラム基礎には「スパイラル筋」という鉄筋が入っています

Go to top

2013年09月17日

地鎮祭

TNK917.jpg

お天気にも恵まれ、無事に地鎮祭が執り行われました。

Go to top

2013年09月14日

地縄

TNK914.jpg

建物が建つ部分に地縄を張り、目で確認できるようにします。

Go to top

2013年09月14日

配筋作業

panelimgRSN130914.jpg
設計図書(建物の図面)に沿って基礎の鉄筋を組んでいきます。

Go to top

2013年09月14日

完成

完成4.jpg

完成3.jpg

完成2.jpg

完成1.jpg

Go to top