loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2013年10月

2013年10月31日

「木組みをデザインする家」セミナー

来週末に開催されるセミナーのテーマは「木組みをデザインする家づくり」です。少し前にお送りしていたイベントスケジュールでは、「住む人を幸せにする収納」をテーマに掲げていましたが、これは12月のセミナーで行う予定ですので、楽しみにしていた方は次回にご期待ください。

さて皆さんは「木組み」と聞いて、どんなことを想像しますか。

kigumi1.jpg

檜や杉の柱と梁、梁と梁どうしが組み上げられた姿を思い浮かべると思います。しかし、ツーバイフォー工法は勿論のこと一般的な在来工法であっても、「木組み」という考え方からはほど遠いのが現状です。
木で家を造るのであれば、こうした木どうしの接合部は必ずあるのですが、法的には金物で接合すればよいことになっているのが一つの要因だと思います。しかし最も大きな原因は、木を見せて使うという感覚が無くなってしまったことでしょう。
住宅が大量に造られるようになった時代、家づくりは大きく変わってしまいました。柱などの構造部材は壁や天井の中に隠れ、新建材と呼ばれるピカピカの材料で床や壁が仕上げられていきました。シックハウスの問題が表面化してから自然素材や無垢材に目が向けられるようになり、家の造りは随分と変わってきましたが、柱や梁の見える「木組みの家」は相変わらず少数派です。

kigumi2.jpg

「木組みの家」がどうして造られないのか?という質問の答えは簡単。それは設計が難しいからです(笑)
柱や梁を見せるということは、その木造架構がそのままデザイン要素として大きな位置を占めることになるので、間取りと同時に架構を考えなければなりません。それは柱一つにしても疎かにはできないため、先ずは間取りを考え、しかる後に構造を考えるという訳にはいかないのです。
ですから、一度つくった間取りをちょっと変える場合にも、架構と間取りが整合しているか、架構を組み換える必要があるかを検証しながらの修正が必要です。安易に変更するのはご法度なのです(笑)

「木組みをデザインする」というのは、間取りと同時に架構を考える奥の深い作業なのですが、実例をご紹介しながら分かりやすく解説したいと思います。「木組みの家」に魅力を感じている方は、ぜひセミナーにご参加ください。

岸 未希亜

Go to top

2013年10月31日

解体

YYH1031.jpg

解体時は、解体時の誇りやがれきなどが飛ばないよう、足場を組んで幕を張ります。

Go to top

2013年10月31日

地鎮祭

saeki1031.jpg

 地鎮祭を執り行いました。

 神主さんのお祓いから始まり、土地に鍬・鋤・鎌を入れ、参列者一同が拝礼し、
 工事の無事や安全、建物や家族の繁栄を祈願します。

Go to top

2013年10月31日

階段

これは階段の側板になります。くぼんでいる部分に踏み板が取りつけらます。
YNH131031-2.jpg

Go to top

2013年10月31日

外壁下地

仕上げのスタッコフレックス吹き付け前に、下地処理を行います。無塗装サイディングのジョイント部分をモルタルで平滑に仕上げます。
YNH131031-1.jpg

Go to top

2013年10月30日

配筋検査

基礎配筋検査を行いました。鉄筋径、鉄筋間隔、かぶり厚、定着、対角長さなど設計図書との整合性を確認していきます。
家を支える基礎部分の鉄筋が、コンクリートと一体となって上部構造をしっかりと支えます。設計及び施工基準どおりに配置されいるかどうかをチェックする、とても重要な検査です。
panelimgSGN131030-1.jpg
panelimgSGN131030-2.jpg

Go to top

2013年10月29日

ユニットバス

ユニットバスを設置しました。廻りをふさぐ前の木工事前半に行います。
panelimgRSN131029.jpg

Go to top

2013年10月28日

上棟

TNK1028C.jpg

TNK1028B.jpg

TNK1028A.jpg

上棟が始まりました。朝から大工が集まり、下階から順番に柱、梁、を組み上げて最後に棟木を取り付けます。棟があがると上棟式を執り行い、工事の安全を祈願します。

Go to top

2013年10月27日

解体

解体工事が始まります。

長い間、家族を守ってくれた我が家に感謝。
そして、ちょっぴりさみしい瞬間です。


まずは、解体を始める前に、建物周りに養生ネットを張っていきます。

次に、屋根瓦を外していきます。

saeki-1.jpg


続いて、内部の石膏ボードを外します。

そして、重機を使って外部から解体します。


saeki-2.jpg


木材が一通り片付くと、

今度は、基礎のコンクリートを砕き、搬出します。

saeki-3.jpg

Go to top

2013年10月27日

ヒノキウッドデッキ

mikami1027.jpg

ヒノキのウッドデッキを施工中です。

桧材に木材保護塗料を塗り、大工が丁寧に造っていきます。

Go to top

2013年10月27日

地鎮祭

地鎮祭を執り行いました。
神主さんのお祓いから始まり、永久に災禍がないように土地の神様にお祈りをして、お供え物をします。
MSS131027.jpg

Go to top

2013年10月26日

現状

YYH1026.jpg

長い間お世話になった家に感謝して、いよいよ解体が始まります。

Go to top

2013年10月26日

捨てコンクリート

捨てコンクリートを打ちました。地盤の上に人工的な新しい水平面をつくり、工事はこの面を基準に進めらます。
周囲の立ち上がりはプラ基礎といい、外周基礎コンクリート部分を内外合わせて100mmの断熱材で覆い包む基礎断熱です。
床下の温度や湿度を安定させ、夏も冬も健康的な環境を保ちます。
手前は駐車場スペース。こちらは断熱不要なので、金属製型枠で囲います。
KTK131026.jpg

Go to top

2013年10月24日

筋交い

TDS1024.jpg

ボードを張る前の壁に、しっかりと筋交いが入っているのが解ります。当社の筋交いは、一般的な材より太いもの(45mm×105mm)を使い設置個所も多いため耐震性に優れています。

Go to top

2013年10月24日

柱養生

木工事が進んでいます。
壁の仕上げが真壁となる場合は柱の一部が現しになるので、汚れないようシートで養生します。
RSN131024.jpg

Go to top

2013年10月23日

仕上げ

お施主様のお好みに応じて造られたものの一部をご紹介いたします。


mikami-10231.jpg

左:トイレ手洗い
右:タモ材キッチンカウンター

mikami-10232.jpg

左:TV台造作
右:勾配天井

Go to top

2013年10月23日

屋根

屋根の仕上げはガルバリウム鋼板の瓦棒葺きです。
ガルバリウム鋼板は通常の鋼板に比べ3~6倍の耐久性を誇ります。
panelimgRSN131023.jpg

Go to top

2013年10月22日

木材利用ポイント

TDS1022.jpg

スギやヒノキなどの地域材を使って家を建てると、「木材利用ポイント事業」のポイントがもらえます。地域材の利用は、森林の保全、地球温暖化の防止に貢献し、地域の振興にもつながります。

Go to top

2013年10月22日

木工事

こちらはリビングの飾棚になります。右手奥、廊下側にはCDや本、楽譜を収納する棚を造作します。たっぷり入ります。
YNH131022.jpg

Go to top

2013年10月21日

屋根、外壁

TDS1021.jpg

屋根はガルバリウム鋼板の瓦棒葺きです。ガルバリウム鋼板は通常の鋼板に比べ3~6倍の耐久性を誇ります。瓦棒葺きは、すっきりとしていてシンプルなデザインを好むお客様に好評です。
外壁の、断熱材の上に打たれている木材は、胴縁といいます。この胴縁の上にサイディングを取付ける為、外壁と断熱材の間に隙間が出来ます。

Go to top