loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2014年12月

2014年12月30日

それぞれの冬休み

私は今年、例年より早く年末の休みに入りましたが、休みの過ごし方も例年とは違っています。

今回初めて、10歳の長女と6歳の次女が2人だけで妻の実家へ遊びに行くことになり、休みの初日はちょうど娘たちが北海道へ旅立つ日でした。
長女はこれまで、独りで飛行機に乗ったことが2度もあるので心配ありませんが、幼さの残る次女は少しばかり心配です。特に妻は、次女と離れて暮らしたことが無かったので、なおさら心配だったようです。しかし次女の心は楽しみな気持ちでいっぱいのようで、不安な様子を微塵も感じさせません。それはそれで嬉しいような寂しいような・・・

fuyuya1.jpg

早朝5時半頃に家を出て6時半に羽田空港に到着。手続きをしたり、お土産を買ったりした後、見送りのため搭乗ゲートまで付き添いましたが、2人はまるで近所に遊びに行くように「いってきまーす」と言って、バスに乗り込みました。

次の日、残された2人は久々に夫婦だけの旅行に出掛けました。

初めにまず、山梨県笛吹市の桔梗屋工場に行きました。桔梗屋は「信玄餅」で有名な老舗のお菓子屋ですが、ここでは工場見学ができたり、社員価格でお菓子が買える他に、信玄餅の「袋詰め放題」というイベントあるのです。
毎朝9時半から先着順ということで、土日は1時間前から行列ができると聞いていたので、1時間前に到着。外が寒いので車内で待っている人を尻目に、重装備で先頭に並びました(笑)

fuyuya2.jpg

初めての体験だったので知らないことばかりで驚きました。
まず、袋の結び方が決められていること。蝶々結びができずに1本で結ばねばならないので、袋ぎりぎりまでは詰められません。
次に、慣れている人は初めにビニル袋を目一杯引き伸ばしているではありませんか(笑) 私たちのような初心者は喜んでいきなり詰め始めましたが、これだとせいぜい9個ぐらいしか入りません。熟練者は袋を十分に伸ばしてから、びっくりするぐらい押し込んでいて、15個ぐらい入っていたように見えました。
最後に消費期限が当日限りであること。1人1袋で220円のため、2個詰めただけでも元は取れるのですが、一日で9個も食べられません(笑) 売れ残った信玄餅を捨てずに済むと同時に、お客様にも喜んでもらうという一石二鳥の企画でした。

諏訪まで行くと市街地も意外に積雪が多かったため、予定していた初日のスキーは止めて、早めに湖畔の旅館に入りました。子供がいないと食事も温泉も実にゆったり味わうことができますね。

翌日は、高速道路のインターから近い「富士見パノラマスキー場」に行きました。ここは雪道を走らなくて済むので大昔にも来たことがあるのですが、あまり記憶がなく、漠然と「家族向けの小さなスキー場」くらいのイメージを持っていました。
ところが山頂まで上るゴンドラが1基あり、中級・上級向けのコースが3kmも続くため、あまりの滑り応えが嬉しい反面、1本滑っただけで足がガクガクしてしまいました。

fuyuya3.jpg

ゲレンデの向かい側には八ヶ岳があり、この日は天気も良かったので景色も抜群でした。

3日目は、ぶどうの産地である勝沼に行きました。秋は、ぶどう狩りや桃狩りなどを楽しむことができますが、私たちはこの日の午後に友人と飲む約束があったので、勇んでワインを買いに行きました。
甲州市勝沼にはワイナリーが幾つもあるのですが、数多くの甲州ワインから自分好みのワインを探すのは難しいため、甲州市推奨の180銘柄が試飲できる「ぶどうの丘」という施設は重宝です。

fuyuya4.jpg

自分はワインを嗜まず、かつドライバーでもあるので全くの傍観者でしたが、1100円を払えば、専用の試飲容器「タートヴァン」を使って好きなだけワインが飲めるということで、妻にとっては夢のような空間です(笑)
しかし、そうは言っても自分の舌に合うワインは簡単には見つからず、40~50種類ぐらい試して漸く4本を購入。帰る頃にはかなりいい感じで酔っていました。

さて、今年も残すところ僅かとなりました。来年もご静聴ならぬご静読、よろしくお願いいたします。

岸 未希亜

Go to top

2014年12月30日

型枠解体 

型枠を撤去し、周辺の土の埋戻しが完了しました。
これでひと段落、お正月を無事迎えることができました。
P10806030001.jpg
P10806060001.jpg

Go to top

2014年12月30日

捨てコンクリート

MKT1230.jpg

あらかじめ防湿シートを敷いておき、その上からコンクリートを流します。
「捨コン(すてこん)」の役割は、防湿シートの保護や基準となる平らな面をつくることで、型枠の精度も良くなります。

Go to top

2014年12月29日

コンクリート打設

TKA1227.jpg

打設前のコンクリート品質検査では、スランプ値、空気量、塩化物量を測定します。硬化後破壊の試験用にテストピースも作ります。
その後は、いよいよ打設です。バイブレータで振動を与えながらコンクリートを流し込んでいきます。振動を与えることによって、隅々までしっかりとコンクリートが充填されます。
またコンクリート密度を高め、不要な混入空気を除去し、骨材が均等に分布することで、強度が高くかつきれいなコンクリートとなります。

Go to top

2014年12月27日

リボール防水

KIS-1228.jpg

バルコニーに、リボール防水を施しました。写真は、施工部を乾かすためにファンの風を当てているところです。リボール防水は、塗膜防水で、出来上がった防水層は継ぎ目がなく、外観的にもきれいな仕上がりになります。

Go to top

2014年12月27日

配筋検査

TKA1225.jpg

基礎配筋検査を行いました。鉄筋径、かぶり厚、定着、対角長さなど設計図書との整合性を確認していきます。
厚さ15センチのコンクリートスラブと一体に地中梁を配し、強度を高めています。隠れた部分にもしっかりと配筋がされているので、安心です。

Go to top

2014年12月27日

外壁

SWK1227.jpg

外壁仕上げは、スタッコフレックス吹付けです。胴縁の上に、下地となる無塗装サイディングを縦方向に張って行きます。
また、窓がビニールで覆われているのが見えますが、これはスタッコフレックスが外壁以外に付着しないための養生です。

Go to top

2014年12月27日

木工事

SWK1227A.jpg

2階書斎コーナーの壁には石膏ボードが貼られ、部屋の雰囲気が分かるようになってきました。吹抜けの天井は桧板張り仕上げです。
納戸の入口や吹抜けの手摺りに巻いてある青いカバーは、柱などを保護するための養生シートです。お引渡しするまでに傷などつかないよう養生します。

Go to top

2014年12月25日

外壁

MTW1225.jpg


断熱材のジョイント部分に防水テープを貼って行きます。防水シートや防水テープは、下から順に施工し上に重ねていくのが基本です。理由は水が外壁を抜けて浸入してきた際に、建物内に水が入り込まないようにするためです。この際、防水テープがしっかり圧着されているかもチェックします。
窓まわりは、特に下部の小さな隙間から水が入りやすいので、専用の防水シートで対策をします。すべての隙間を発砲ウレタンや防水気密テープで塞いでいきます。

Go to top

2014年12月24日

立上りコンクリート打設

基礎の外周部立ち上がり、及び内部の独立基礎のコンクリートを打設しました。
バイブレーターで振動を加え、隅々までしっかりと充填します。
P10805690001.jpg
P10805740001.jpg

Go to top

2014年12月24日

木工事

TYK-1224.jpg

現在、木工事中です。キッチン部分の木下地を組みました。この低く組まれた木下地の向こう側にシステムキッチンが付きます。また奥の上に見える丸い管のようなものはレンジフードのダクトです。

Go to top

2014年12月24日

木工事

SID-1224.jpg

現在は木工事中です。主に大工さんが一人で作業を行っていきます。
現段階の作業としては外回りの断熱材とサッシ取付がほぼ終わり、室内作業に入っていきます。

Go to top

2014年12月23日

造り付け家具

SWK1223.jpg

2階書斎コーナーの造り付け本棚です。家具を造作すると壁や天井との収まりが良いですし、部屋の雰囲気も統一されて見た目も良くなります。

Go to top

2014年12月22日

耐圧版コンクリート打設

基礎の底辺となる耐圧版コンクリートの打設を行いました。
事前に、コンクリートの受け入れ検査を行い、スランプ値(柔らかさ)、空気量、塩化物量を測り、強度試験用のテストピースを作製します。
トンボで均しながら打設し、最後はコテで仕上げていきます。
P10805510001.jpg
P10805550001.jpg
P10805630001.jpg

Go to top

2014年12月22日

遣り方・埋炭

TKA1219.jpg

左:基礎工事の初めは、遣り方です。基礎の外周に水杭や水貫と呼ばれる木枠を設けて、高さや水平位置の基準を作ります。
建物中央部分に、手作業で粉状にした炭を埋めていきます。埋炭はシロアリの被害を軽減させたり、マイナスイオンが増える等の効果があるといわれています。

右:基礎の中央付近に、地鎮祭で神主さんからいただいた鎮め物を埋めます。こちらには、鉾や楯など家を守る7つの道具が入っています。

Go to top

2014年12月22日

木工事

MTW1222.jpg

天井や壁に石膏ボードが貼られました。ボードを貼るまでは視線が抜けてしまうので、なかなか壁や天井をイメージできませんが、ここまで来ると随分部屋らしくなってきます。
柱に巻いてある青いカバーで、汚れや傷から柱を守っています。

Go to top

2014年12月22日

金物検査

KIS-1222.jpg

木造軸組み工法では、接合部の強度が大変重要です。金物の種類、位置、ビスの打ち方など、全てチェックします。また自社のチェックの他に、第三者機関による中間検査も行われます。

Go to top

2014年12月20日

埋炭・根切り

MKT1220.jpg


竹炭200kgを地面に埋めます。手作業で粉状にした炭を埋めていきます。埋炭は、シロアリの被害を軽減させたり、マイナスイオンが増える等の効果があるといわれています。


鎮 物 基礎の中央付近に、地鎮祭で神主さんからいただいた鎮め物を埋めます。
根切り 地中に基礎をつくるために地表面の土を取り除き、基礎の底まで掘り下げる作業を根切りと言います。

Go to top

2014年12月19日

配筋検査

鉄筋の配筋作業が終わり、配筋検査を行いました。
鉄筋径、かぶり厚、定着、対角長さなど設計図書との整合性を確認していきます。
P10805210001.jpg
P10805340001.jpg

Go to top

2014年12月18日

金物検査

SID-1218.jpg

木造軸組み工法では、接合部の強度が大変重要です。金物の種類、位置、ビスの打ち方など、全てチェックします。また自社のチェックの他に、第三者機関による中間検査も行われます。

Go to top