loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2015年04月

2015年04月29日

4月の鎌倉

4月も終わりになり、つい出かけたくなるような陽気の日が多くなりましたが、私もつい出かけたくなり、この前の日曜日に鎌倉に行ってきました。4月末といえばツツジが咲く時期なので、この日はツツジが見られるという寺に行くことにしました。
まずは海が近く潮の匂いがしてくるような光明寺に行きました。鎌倉駅からは南東方面に位置し、バスで5分位のところです。総門をくぐると、前方に大きな山門がそびえ立っているのが見えます。江戸時代末に建てられたという山門は、鎌倉市内で最大規模のものです。

tsu-0429-10.jpg

光明寺山門


tsu-0429-20.jpg

山門2階部分

2階部分は、鎌倉時代に海の向こうから入ってきた禅宗様式の特徴が見られます。写真を見ていただくと、先端が白く将棋の駒のような五角形の部材がありますが、この五角形という形は禅宗様の特徴の1つだということです。ちなみにこの五角形の部材の内、正面2本ずつ3列の方を尾垂木(おだるき)と呼び、角に3本見えている方は隅尾垂木(すみおだるき)と呼びます。私は斜めに出ている隅尾垂木を、特に美しく、かっこ良く感じました。
さて、建築のウンチクはさておき、目的のツツジはと言いますと、本堂の脇に庭があり、そこに咲いていました。

tsu-0429-30.jpg

池泉庭園

しかし、まだ咲いているのは一部だけで、満開はGWの真っ只中ごろだと思います。

tsu-0429-40.jpg

枯山水庭園

もう片方の脇には枯山水庭園があり、こちらはサツキが植えられていました。花の見頃は5月下旬頃ということです。

次に光明寺から歩いて10分くらいのところにある安養院という寺に行きました。北条政子が夫・源頼朝の冥福を祈って建てた寺が前身といわれる寺で、またツツジの寺とも呼ばれています。

tsu-0429-50.jpg

安養院向かいの道路より

こちらも光明寺と同様、一部だけが開花しているという状態でした。境内奥にある北条政子のお墓の周りに植えてあるツツジは咲いていましたが、満開の時期(GW中)は、(写真にある)石垣の上のツツジが全てピンク色に染まるということです。
ツツジは、よく道路沿いに植えられているので珍しくありませんが、寺で見るツツジの花には別の味わいがあると思います。鎌倉には他にもツツジの咲く寺社(長谷寺・鶴岡八幡宮・仏行寺・安国論寺他)がありますので、もしGW中に鎌倉観光に行くならば、ツツジの咲く寺社に行くことをお勧めします。         


坪田将浩

Go to top

2015年04月28日

仕上げ工事

TKA0428.jpg

1階リビング・ダイニング、和室、廊下の壁は漆喰仕上げです。漆喰は防火性と、湿気を吸収し調節する効果が高い素材です。
2階ウオークインクローゼットは珪藻土仕上げです。各々の仕上がり面の違いは、漆喰がつるつるした平滑面であるのに対して、珪藻土はザラザラとした仕上がりになります。

Go to top

2015年04月25日

木工事

TGO0425.jpg

2階の室内を写しています。斜めに掛ける登り梁を小屋構造としています。
登り梁の上に杉ムクパネルが張られていて、最終的に、登り梁を含めて、これらは全てそのままの現しになります。

Go to top

2015年04月25日

上棟

KCM0425A.jpg
いよいよ上棟です。いつものメンバーの大工達が抜群のチームワークで、下階から順番に柱、梁を組み上げて最後に棟木を取り付けます。

KCM0425B.jpg
二階の床梁が組み終わると、そこにパネルを貼っていきます。梁組みに、強度の高い厚板を張ることで構造的に強くなります。この作り方を剛床(ごうしょう)といい、建物の強度にとって、とても大切なポイントです。

KCM0425C.jpg
屋根に垂木がかかりました。垂木の間に、断熱材を施工していきます。その上から野地板を貼ります。

Go to top

2015年04月24日

木工事

MKT0424.jpg

リビングダイニングの一部を高床にして、畳を敷きます。そして畳下の一部に引き出せる収納を造ります。収納は多ければ多いほど助かります。

Go to top

2015年04月23日

横浜市戸塚区K邸 完成見学会の見どころ

今週末 26日(日)に開催される完成見学会の見どころをご紹介します。
タイトルは「木組みと景色を愉しむ家」です。
k2.jpg
①構造は、自然乾燥材を大工の手刻みで丁寧に加工しました。
太鼓梁を要所に使用し、節や多少の傷は残しながら、木が持っていた個性を活かしています。
k5.jpg
7.JPG
②周囲の眺望と庭の緑を活かす窓配置。
まだ、庭の緑はまだありませんが、地窓から見える緑を想像し、青い空と借景となる竹林をご覧ください。
k1.jpg
k4.JPG
③リビングの一角の畳コーナーとミニ吹抜け、その上の隠れ家的スペースもお楽しみに。
k3.jpg
k6.jpg

その他にも技術的な難易度が高く、盛りだくさんのお宅です。
④断熱強化と太陽光発電によるゼロエネルギー仕様
⑤2.5帖ですが、防音効果抜群の音楽室
⑥鉄筋コンクリートの3mの擁壁工事

戸塚駅からも近く電車でのアクセスも楽な場所ですので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

高橋郁夫

Go to top

2015年04月23日

地盤調査

045.jpg

基礎の形状を決めるために、必ず地盤調査を行います。試験用サンプラーで土を採取し、砂質土か粘土かなどの土質も調べます。

Go to top

2015年04月23日

足場

KCM0423.jpg

上棟に先立ち、外部足場を設置しました。この足場は上棟の際にも必要ですし、その後の屋根や外壁の工事をする際にも必要なものになります。
上棟に使う木材も搬入されました。雨養生としてブルーシートで覆います。

Go to top

2015年04月23日

仕上げ工事

TKA0423 (2).jpg

左:壁の白い部分はパテです。壁を仕上げる前に石膏ボードの境目、ビス穴などの凹凸を埋めて、平滑な下地を作ります。
右:洗面台は既製品でなく造作です。使っているのはメキシカンタイルで、お客様からの支給品です。グラダナ風の絵柄が素敵です。

Go to top

2015年04月22日

雨養生

TIS-0422.jpg

独立基礎や外部の立上り部のコンクリートを打設しました。写真は、打設した後、天気が悪くなりそうでしたので、雨で表面が荒れないよう打設した箇所にブルーシートを張った様子です。他のブルーシートが張られていない部分は、5日前に打設したので特に問題ありません。

Go to top

2015年04月20日

信州の町並み1 稲荷山

今年の2月に「長野新幹線」というテーマでブログを書きましたが、ダイヤ改正前の3月上旬に長野へ行って以来、まだ北陸新幹線には乗れていません。
NHK朝の連続テレビ小説「まれ」も石川県の輪島が舞台ですし、今年は北陸まで足を伸ばしたいものです。

現在、長野で進めているアースデザインオフィスのプロジェクトが2つあります。
一つは2階建ての木造住宅で、平屋の部分が大きいため、瓦屋根の印象が強く残るお住まいです。もう一つは、お寺の庫裡(くり:住職や家族の住まい)の計画です。住職のお住まいだけなら一般の住宅と大きな違いはありません。しかし今回は、法要をするための大広間、檀家が会合するための座敷、檀家の奥様方が料理の準備をする台所など、お寺としての機能も備えた大きな庫裡のお話でした。

earth_n2.jpg

実際に建築を行うのはもう少し先になるようですが、今回は、どのような建物が建つかを知るため、そして予算を把握するために基本計画を行いました。この絵のように、120坪にも及ぶ大きな庫裡が建つ予定です。

さて、長野県との縁が深い私ですので、今回から信州の町並みを少しずつ紹介していきたいと思います。

それでは、初めに日本史を少し復習しましょう。
江戸時代、全国の主要街道は江戸へと放射状に向かうことになりますが、その幹線ルートを「天下の五街道」と呼びました。一つは東海道(日本橋~京都:53宿)、次は中山道(日本橋~京都:69宿)、三つ目は日光街道(日本橋~日光:21宿)、日光街道から分岐する奥州街道(宇都宮~白川:10宿)、最後は中山道に合流する甲州街道(日本橋~下諏訪:45宿)です。
中山道は長野県を横断しているため、69宿のうち25宿の宿場町が長野県にあります(これに次ぐのが岐阜県の17宿)。五街道以外にも各地に街道は広がっていて、長野県内でも、中山道の追分宿(軽井沢の西側)から新潟の出雲崎へ通じる北国街道や、洗馬宿(塩尻の西側)から善光寺へ向かう北国西街道などがあります。
日本の大動脈である東海道沿いの町が、開発によってほとんど残っていないのとは対照的に、中山道や北国街道沿いの町は比較的よく昔の面影を留めています。実際に重要伝統的建造物群保存地区(以下、重伝建地区)109ヶ所の中で宿場町は8ヶ所しかないのですが、そのうち3ヶ所(奈良井宿・妻籠宿・海野宿)が長野県にあるのです。

卒業旅行での町並み歩き以降、出張ついでに古い町並みを訪ねて来たので、全てを網羅している訳ではありませんが、写真が残っている所を紹介していきます。

最初に紹介するのは「稲荷山(いなりやま)」です。

inari1.jpg

この町から紹介する理由は、ここが最も若い重伝建地区だからです。昨年の暮れ(2014年12月)、商家町として109番目の重伝建地区に選定されたホットスポットなのです(笑)
以前、この近くで住宅の設計をしたことがあり、私がこの町並みを歩いたのは約2年前のことでした。地名を聞くだけでも、風情があっていい名前ですよね。

1582年に城が築かれたことに端を発する稲荷山は、2つの顔をもつ町です。
1598年に早くも廃城となると、江戸時代には北国西街道(通称、善光寺街道)の宿場町として形成され、街道随一の宿場町として栄えました。しかし明治時代になって国鉄信越線(現:しなの鉄道)が開通すると、急速に宿場としての価値を失います。
一方、商業地としての稲荷山は、長野盆地の南にあって、かつ善光寺街道沿いに位置し、近郷の農村地帯を背景にするという地の利のため、物産の集散地として発展しました。江戸末期から明治時代にかけて養蚕業が盛んになると、繭や生糸、絹織物などを扱う問屋町へと変貌し、北信地方随一の商都になるのです。

inari2.jpg
inari3.jpg

旧街道と並行する裏通りには、道の片側に細い水路が流れ、土蔵が建ち並んでいる場所があります。問屋町の荷を運んだというこの裏路地は、表通りにはない味わいがあり、「旧街道蔵のまち(千曲市)」に相応しい景観を見せていました。

inari4.jpg
inari5.jpg

表通りは切妻平入りの商家が並ぶ旧街道の町並みで、途中に鉤(かぎ)型に曲がる部分があります。これは「枡形(ますがた)」と呼ばれるもので、見通しを妨げる防衛上の配慮です。現在はこの「枡形」を境に、北側が住宅地、南側が商業地に色分けされています。

inari6.jpg
inari7.jpg

北側は家が無くなって歯抜けのような場所や、町並みに合わない新築の家も見られますが、古い家もしっかり残っています。中でも土蔵造りの山丹呉服店は、黒漆喰で塗り込められた外壁が異彩を放っていました。その先には、旧松林家を修復・再生した「稲荷山宿・蔵し館」があり、内部を見ることができます。松林家は、生糸輸出の先駆者となった「カネヤマ松源製糸」の屋敷なので、主屋も土蔵も非常に立派な建物でした。

inari8.jpg
inari9.jpg

南側に目を移すと、旧街道の面影はあるものの、日常的に自動車がよく走る道なので信号や電柱が林立しています。また、景観無視の新築こそ見られないのですが、古い建物でも全面が看板等で覆われている所が多く、残念ながら重伝建地区としては物足りない印象を受けました。

しかし、卒業旅行で訪れた「熊川宿(福井県若狭町の宿場町)」が10年後には見違えるような姿に整備されたように、稲荷山も保存地区になったことで、これからの修景が大いに期待されます。

岸 未希亜

Go to top

2015年04月20日

木工事

TGO0420.jpg

天井や壁に石膏ボードが貼られました。ボードを貼るまでは視線が抜けてしまうので、なかなか壁や天井をイメージできませんが、ここまで来ると随分部屋らしくなってきます。
柱に巻いてある青いカバーは養生シートです。汚れや傷から柱を守っています。

Go to top

2015年04月18日

地縄張り

KTK0418B.jpg

地縄張りとは、建物が建つ外周部分に縄を張る作業です。建物が、敷地に対してどの位置に建てられるかを確認するために行います。

Go to top

2015年04月17日

小屋裏収納

TKA0417.jpg

洗面所とウォークインクローゼットの天井裏には小屋裏収納があります。天井に見える四角い枠の部分を開けると、昇降式梯子が降りてきて小屋裏に上がれます。

Go to top

2015年04月17日

基礎立上り・底版コン打設

TIS-0417-1.jpg

まずはコンクリートの品質検査です。 スランプ値(柔らかさ)、空気量、塩化物量を測り、強度試験用のテストピースを作成します。


TIS-0417-2.jpg

基礎立上り・底版のコンクリートを打設していきます。バイブレーターという振動機を使用して、コンクリートを隅々までしっかりと充填させます。


TIS-0417-3.jpg

コンクリートは所定の高さまで打設して、表面を均します。

Go to top

2015年04月16日

土台敷き

KCM0416.jpg

土台には、耐久性があり腐れや虫に強い桧を使用しています。基礎と基礎の間は束で支えます。建物の基準となる大切な部分なので、ミリ単位の精度で微調整し、全体のレベルを揃えます。

Go to top

2015年04月15日

キッチン

TKA0415.jpg

キッチンに厨房セットが設置されました。
右側にある島状の部分は、桧で造り付けたカウンターです。電子レンジ等の家電を置く他、ゴミ箱や収納のスペースになります。

Go to top

2015年04月14日

外壁

TGO0414.jpg

左:外壁仕上げのスタッコフレックス吹付け前に、下地処理を行います。
無塗装サイディング(外壁下地)のジョイント部分をパテで平滑に仕上げます。外壁面に幅をもって白く塗られている部分があり、それらが処理を行った部分になります。
右:縦長の木が何本も並んでいますが、これはこれから張るサイディングボードの下地で、胴縁と呼びます。
サイディングボードを支えつつ、胴縁と胴縁の間の空間は外壁側の通気層となって通気を確保します。合わせて、この通気層が二重防水の役目をします。

Go to top

2015年04月10日

手刻み

TIS-0410.jpg

基礎工事が進行するのと並行して、引き続き加工場にて、木材の手刻みが行われています。正面に見えている木材は梁です。鍵のように加工されている部分がありますが、この部分は継手と呼びます。継手は形によって名称がありますが、この場合は追掛け大栓継ぎと呼びます。相対する別の鍵状の木材と組合せて、一本のつながった架構になります。

Go to top

2015年04月10日

完成

■リビング・ダイニング■

R0019975.jpg
 k4.jpg

周囲の眺望と庭の緑を活かす窓配置です。


■畳コーナー・書斎■

k3.jpg

k6.jpg

リビングの一角の畳コーナーとミニ吹抜け、その上の隠れ家的スペースの書斎。

■寝室■

k5.jpg
太鼓梁を要所に使用し、節や多少の傷は残しながら、木が持っていた個性を活かしています。

Go to top