loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2015年05月

2015年05月31日

露地を景色にする坪庭

昨年の4月にお引渡しをした鎌倉の家についてのお話です。隣家の影響を受けやすい東西に細長い敷地だったので、採光・通風を得るために、中庭を囲んで複雑な平面形状にした住宅でした。

tuboniwa1.jpg

玄関までのアプローチや植栽が、家の雰囲気と見事に調和しているため、3倍くらい家がよく見えます(笑)

外構は引越し直後に完成したのですが、「どのような中庭にするか」を建て主が大いに迷われて、住みながら考えることになったため、中庭の工事はお預けとなっていました。
年が明けてから坪庭が完成したということを聞き、3月に一度訪問しました。作庭したのは、コンセプトハウスの庭をはじめ、多くのお客様の庭を手掛けている藤木さんです。

tuboniwa2.jpg

奥様が茶道を嗜まれており、茶室としての使用を考慮した和室があるため、中庭は茶室における「露地」の役割が与えられています。限られた広さのため、本格的な露地のようにはいきませんが、この坪庭は茶室に向かうための苑路(えんじ)を中心に計画されています。

tuboniwa3.jpg

苑路には、飛石(とびいし)や延段(のべだん=石畳)が配されていますが、その組み合わせが一つの景色になっていて、見る者の目を楽しませます。
苑路の途中にあるのが蹲踞(つくばい)と呼ばれる水鉢で、露地の設備の中で最も重要なものです。蹲踞には、穴を開けた自然石が用いられることもありますが、侘びの表現として、石灯篭(いしどうろう)の台座や石臼などが積極的に転用(廃品利用)されたりします。この蹲踞もどこかで拾って来たのかと藤木さんに尋ねると、あちこち探して買って来たものだと言っていました(笑)

一年点検で4月に再訪した後、雑誌の取材で5月にも訪問したのですが、新緑の季節となったため、3月とは違った景色が見られました。

tuboniwa4.jpg

植栽は落葉樹が中心なので、葉が芽吹き、花を咲かせ、青々と茂り、木によっては紅葉し、そして落葉します。つまり庭の木々から四季の変化が感じられるのです。また、写真を比べるとよく分かりますが、晴れ、雨、曇りといった天気の違いも景色に影響を及ぼします。

tuboniwa5.jpg

リビング・ダイニングや和室がこの坪庭を取り囲んでいるため、家の中にいても季節感があり、昨夏の暮らしぶりを伺うと、エアコンは必要なかったとのこと。風通しの良さも折り紙つきです。

この日は撮影のために、風炉釜(ふろがま)、茶道具、風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)などを準備していただきました。

tuboniwa6.jpg

和室には、お点前のために炉が切ってあるのですが、5月から11月は炉を閉めて風炉(ふろ)を使います。これは「寒い季節にはお客様に炭を近付け、暖かい季節にはお客様から炭を遠ざける」という、もてなしの心遣いだとのこと。
きめ細やかな日本人の対応が外国人に喜ばれる昨今ですが、私たち日本人自身も、改めて先人から学ぶことがありそうです。

岸 未希亜

Go to top

2015年05月30日

擁壁工事

KTK0530.jpg

敷地と道路との高低差が約1.5mあります。元々あった既存の土留めは野面積み(自然石を重ねたもの)だったため、鉄筋コンクリートの擁壁に造り変えます。これは擁壁の型枠を施工しているところです。

Go to top

2015年05月29日

屋根断熱

TIS-0529.jpg

屋根断熱材のウールブレス(羊毛断熱材)を垂木の間に施工しました。ウールブレスは特に内部結露をしないという優れものです。現在は垂木間に入れて、端をタッカーで止めている状態です。この後、板状の受け材を取り付け、垂れ下がらないよう固定します。

Go to top

2015年05月28日

木工事・給排水設備

KCM0528A.jpg

寝室の天井は、桧板張りと、エコロジー壁紙貼り仕上げです。杉の太鼓梁が存在感があります。

給排水の管を立ち上げました。赤い管の中に給湯管が、青い管の中に給水管が入っていて、二重配管(さや管)になっています。
これは、将来壁を壊さなくても、取り替えが出来ます。

Go to top

2015年05月28日

外壁

TGO0528.jpg

外壁の仕上げは、スタッコフレックス吹き付け塗装です。2階バルコニーは、桧のライトブラウン塗装で、縦格子の手摺り仕上げです。バルコニーは、淡い色の外壁のアクセントになっています。

Go to top

2015年05月28日

地鎮祭

YDN-0528.jpg

地鎮祭を執り行いました。
神主さんのお祓いから始まり、永久に災禍がないように土地の神様にお祈りをして、お供え物をします。
この日は晴天に恵まれ、滞りなく終了いたしました。

Go to top

2015年05月27日

地縄張り

YDN-0527.jpg

建物が建つ部分の外周部分に、糸を張り、建物が敷地に対してどの様に建てられるのかを確認します。
今回は手前に車庫を計画していますので、その位置も出しました。白い糸が手前に向かって斜めに張られていますが、それが車庫の際のラインです。

Go to top

2015年05月27日

旧東海道巡り

5月も下旬となり、ニュースでは「熱中症に注意」という言葉が流れるようになりました。
GWからは3週間が経ちましたが、今回はそのとき訪れた旧東海道の蒲原(かんばら)宿・由比(ゆい)宿について書いてみたいと思います。
 旧東海道は日本橋から始まり、53宿を経由して京都の三条大橋に至ります。神奈川エコハウスからほど近い藤沢宿は、日本橋側から数えて6番目の宿に当たります。蒲原宿は15番目、由比宿は16番目で、この2宿は静岡県の旧清水市(現在は静岡市)にあります。どちらも海に近いところで、特に由比宿はすぐそこが海なので、現在は駿河湾で採れる桜えびを扱う店が多くあります。

TSU-0528-1.jpg

由比宿正雪紺屋


まず最初に訪れたのは由比宿です。写真は昔、染物屋をやっていた家で、中には当時の染色甕(かめ)が残っています。他にも東海道広重美術館などがあり、見どころは多々あるのですが、自分が歩いて特に気になったのは、通り沿いの建物の屋根周りの造りで、建築用語では「懸魚(げぎょ)」と「出桁(でげた・だしげた)」という部分です。基本的に、旧街道沿いの建物にはよく見かける造りですが、観光案内パンフレットにも説明が書いてあるくらいなので、この地域に多く見られる造りだと思います。

TSU-0528-2.jpg

懸魚と出桁


懸魚とは、「破風(はふ)の拝みの下に、またその左右につける装飾。横木、桁の先端を隠す。」とあるように、上の絵の真ん中辺りに見えている少しうねりのある装飾のことです。建物それぞれでデザインが違っていて、当時の人々の趣味を感じました。
また、出桁とは、「軒下の化粧(かざり)で最初は、軒を支えたり、補強する為に設けられましたが、後にもっぱら飾りを目的に設けられるようになりました。」とあり、絵の中では3組の腕木が1本の長い木を支えているところの造りを指します。こちらも建物によって、腕木の先端を装飾したり、2段にしたりと様々です。

TSU-0528-3.jpg

懸魚と2段に組まれている出桁


次は蒲原宿です。この宿では、見学できる家が多かったのですが、特に志田邸が私の印象に残りました。

TSU-0528-4.jpg

蒲原宿志田邸


TSU-0528-5.jpg

箱階段


入ってすぐ、当時は店にあたるところに箱階段がありました。箱階段は、階段の下の有効利用として作られたと言われますが、よくよく眺めてみると、しっかり隅々までデザインされていて微笑ましく感じました。

TSU-0528-6.jpg

醤油工場


庭を抜けた奥には東海道に唯一残る江戸期の醤油工場がありました。屋根の部分はトタンが張られていて、少し残念ですが、小屋組は見事なものでした。

最後に、志田邸の館長に伺ったお話を披露します。よく浮世絵にもあるように、「東海道53次」と言って、東海道には53宿あるのが一般的な認識となっていますが、京都から大阪の高麗橋までの間の4宿が江戸時代初期に追加され、東海道として管理されたのは57宿であったということです。このお話を聞き、追加された4宿に少し興味を持ちました。機会があったら、行ってみたいと思います。


坪田 将浩

Go to top

2015年05月26日

完成


■リビング・ダイニング■
IMG_4322-2.jpg

IMG_4327.jpg

■キッチン■
IMG_4311.jpg

■寝室■
IMG_4348.jpg

■納戸・階段■
MKT0524.jpg

Go to top

2015年05月26日

仕上げ工事

MKT0515.jpg

玄関土間に300角のタイルを貼りますが、タイルの割り付けは重要です。開口廻りや壁際には、できる限り小さな切れものを入れないように施工していきます。

Go to top

2015年05月25日

金物検査

TIS-0525.jpg

木造軸組み工法では、接合部の強度が大変重要です。金物の種類、位置、ビスの打ち方など、全てチェックします。また自社のチェックの他に、第三者機関による中間検査も行われます。

Go to top

2015年05月22日

外壁

KCM0522.jpg

外張り断熱の断熱材を張り、ジョイント部分は、防水テープを貼ります。サッシ下部には、専用の防水カバーを設置します。万が一水が入ったときの2次防水です。

Go to top

2015年05月21日

大磯M邸 完成見学会の見どころ

今週末に見学会を開催する「大磯町M邸」の見どころを紹介します。

建て主は、社会人の息子2人をもつご夫婦で、長く暮らしてきた既存家屋を壊して、終の棲家を建てる計画です。幾つかの会社を見て回った後で当社の見学会に参加されたご夫婦ですが、実は奥様の姉夫婦が約3年前に当社で家を建てており、姉夫婦の勧めもあって当社を選んでくださいました。

mkt1.jpg  既存家屋と隣家
mkt2.jpg  既存家屋と庭

北側に山を背負い、南側に東海道の松並木が見える、大磯らしい恵まれた自然環境の中ですが、北と東は境界に接するように家が建っていて、道路から見ると窮屈な感じが否めない敷地です。したがって、「周囲の家に迷惑を掛けたくない」という建て主のお考えには共感するところが大きく、ロフトがありながらも家の高さは低く抑えました。
一方、南は畑が広がるなど視界が開けているため、家の中からは、南に視線が向くようなプランを考えました。周囲の緑を上手に借景しているので、狭小地の事例としても参考になる建物です。

「こもれる大人部屋のある家」と題したこの家は、広いリビングよりも、各自のスペースを大切にした間取りが特徴です。

「住まいの教室」でもお話ししていますが、住宅を設計する時に、子育てが「ある」か「ない」かということが一つの分かれ目になります。前者の場合、できるだけ家族の気配を感じられるように、リビングを広くしたり吹抜けをつくったりしますが、後者の場合は人が集まることも少なくなり、リビングを広くするよりも、個のスペースを充実させる方向で考えます。
ただし、家を50年、100年のスパンで考えるとすれば、「子育て」がある時期とない時期を繰り返しますので、あまり限定的な造りにすることも良くありません。永く住むためには、バランスが大切です。

敷地は少し狭いのですが、「総2階」にすると2階が余ってしまうため、奥様の部屋を2階建て部分から南に張り出しました。

mkt3.jpg

今まで北側の暗い部屋を使っていた奥様にとって、明るい南側の部屋は達ての希望でしたので、完成した姿を見てご満足いただけたようです。また、2枚の建具を引き込むとLDKと一体の空間になるため、日中は1階全てが奥様のスペースとして使えます。

LDKは約15帖しかないコンパクトな空間ですが、対面キッチンからも大きな窓越しに緑豊かな景色が眺められ、明るさも十分です。

mkt4.jpg

畳に座る方が楽ということなので、食事はダイニングテーブルを使いつつも、仏壇を置くことのできる小上がりの畳スペースを組み合わせました。造り付けのテレビ台や食器棚、畳下の引出し収納など、丁寧な大工仕事も見応えがあります。

2階には3つの個室と納戸、そしてロフトを設けました。

mkt5.jpg

2人の息子たちは、以前の家では広めの部屋を分けて使っていましたが、ここでは待望の個室が与えられました(笑) 南面に並べたこの「大人部屋」は、造り付けの収納で間仕切っていますが、2人が巣立った後は、間仕切りを壊して一部屋にすることができます。

「こもれる大人部屋」を一番必要としていたのは、オーディオで音楽を楽しむご主人です。明るさよりも静かな環境を望まれて選んだ北側の部屋に、前の家と同じように椅子やスピーカーを配置します。

屋根の高さを活かしたロフトは、一緒にテレビゲームを楽しむ兄弟のため、お互いの部屋とは別に設けた隠れ家のようなホビースペースです。ここが最大の「こもり部屋」かもしれません(笑)

いつものような「広がり空間」とは少し違いますが、「子育て」がない家ならではの生活シーンを想像することで、この家の魅力を感じていただけると思います。

岸 未希亜

Go to top

2015年05月21日

仕上げ工事

TGO0521.jpg

2階洗面室の洗面ボール前にも、タイルを貼りました。タイル割付図を作成し計画的に張って行きます。

Go to top

2015年05月20日

バルコニー防水

KCM00520.jpg

バルコニーの防水は、1/50以上の水勾配をとりサッシとの取合いは、しっかりとシーリングを打ちます。また、下地には目違いや釘頭などの突起物がないかを確認します。

Go to top

2015年05月20日

屋根通気層

TIS-0520.jpg

耐水構造用合板の上に通気胴縁を打ち、その上にまた耐水構造用合板を張っています。写真でも分かるように、板の間に、通気胴縁分だけ隙間ができます。これは屋根の湿気を逃がす働きをします。

Go to top

2015年05月19日

外構工事

TKA0519.jpg

内部の工事がほとんど終わり、外構工事が始まりました。
道路との高低差を埋める土留めブロックを積み、生垣で目隠しをします。

Go to top

2015年05月16日

窓際で写真を撮る

今月初め、GW最終日の5月6日に、写真家を講師に招いて「くらしを楽しむカメラワークショップ」を開催しましたが、カメラ・写真が好きな私も、ワークショップに参加しました。タイトルは「窓際フォト」ワークショップです。
講師を務めたのは、あおぞら写真事務所を主宰する写真家の竹之内健一さん。現在は藤沢を拠点に、撮影の仕事だけでなくワークショップも数多く手掛けられているため、教え方もとても上手でした。

madogw1.jpg

先生の話によれば、「窓際は食べ物を美味しそうに撮るには最適な場所」で、「ポートレートや物撮りでも印象的な写真が撮りやすい」のだそうです。

一般的には、被写体に正面から光が当たる「順光」で写真を撮ることが多いと思いますが、これだと被写体に立体感が出ないので、印象的な写真にはなりません。また、暗い時はフラッシュを使って明るくしますが、これも正面から光を当てるので、べたっとした写真になることは皆さんも経験済みだと思います。
そんな訳で、この日のテーマは「光の当て方」でした。

先ず料理ですが、料理の基本は「奥からの光」だそうです。つまり逆光です。こうすると、光と影が強調されるので、素材感がリアルに感じられます。私が撮ったクロワッサンもこうなります。

madogw2.jpg

奥の方にピントが合ってしまい、50点ぐらいでしょうか。それに対して先生のクロワッサンは全然違います。実に美味しそう!

madogw3.jpg

手前が暗くなり過ぎる時は、白い紙を折ってレフ板の代わりにすれば、暗さが解消されることを教えてもらいました。次回、ブログで料理を扱う時は、食べる前に10分以上かけてしまいそうです(笑)

次に花や物などを撮る時ですが、これは「横からの光」が基本だそうです。窓際に撮りたい物を置けば、光は窓の外から入って来ますので、それを横から撮るとこうなります。

madogw4.jpg

直射日光が当たると影が強くなり過ぎるので、直射日光の当たらない窓際がベストです。また、照明を当てると本来の色が出ないので、自然光で撮影するのがお勧めだそうです。

カメラの機能面では、「焦点距離」と「絞り」に気を付けます。
「焦点距離」とは、レンズと映像素子(光をデジタルに変換するセンサー:人間の目でいう網膜)との距離のことですが、食べ物や商品を撮る時は50mm以上が望ましいとのこと。景色など広い範囲の写真を撮る時や、至近距離で全体を写したい場合は、広角レンズやズームレンズの広角側(数字の小さい方)を使いますが、どうしても被写体が歪んでしまうそうです。

「絞り」は、明るいところでは瞳孔が小さくなり、暗いところでは瞳孔が大きくなる目と同じ構造で、光の量を調節する機能ですが、同時にピントにも影響を与えます。「絞る=瞳孔が小さくなる」と、手前から奥まで長い距離のピントが合い、「開放する=瞳孔が大きくなる」と、ピントの合う場所が狭い範囲に限られます。

一般的なスナップ写真であれば、全体のピントが合う方が失敗なく撮れますが、背景に邪魔なものが入り込む場合や、撮りたいもの(部分)を強調したい場合は、わざと「絞り」を開放して背景をぼかします。そうすると、このような効果的な写真が撮れます。

madogw5.jpg

この「絞り」はカメラの基本知識ですが、「オート」で撮影していると全く意識することがありません。「絞り優先」モードにして、レンズのF値を小さくすることが必要です。F値を小さくするには、さらにレンズの選択も重要になりますが、ここから先はマニアックな話になるので割愛します。

否、一つだけ言わせてください(笑)
皆さんが使っているズームレンズよりも、焦点距離が一つしかない単焦点レンズの方が開放F値が小さく「ボケ味」が出せます。例えば50mm f/1.4は、人物のポートレートを撮影するにはうってつけのレンズですが、そのレンズを使った竹之内先生の写真がこちらです。

madogw6.jpg

時間をかけずにさっと撮っただけですが、とても印象に残る写真ですね。

いい写真を撮るコツを伝授してもらい、本当にタメになるワークショップでしたが、撮影後は写真の講評をしていただくとともに、先生が参加者を撮影して、写真をプレゼントしてくれました。

madogw7.jpg

ブログも今後は、風景だけでなく料理や人物の写真が増えるかもしれません(笑)

岸 未希亜

Go to top

2015年05月16日

上棟

TIS-0516-1.jpg

今日は上棟です。一日で構造体を屋根まで一気に立ち上げます。天気があまり良くないですが、安全に注意して作業を行っていきます。
写真は1階の柱を立て、2階の梁を上から差し込んでいるところです。


TIS-0516-2.jpg

2階の梁を組みました。写真は、必要なところにボルトを取り付けているところです。


TIS-0516-3.jpg

2階の柱を立て、小屋梁を組んでいきます。


TIS-0516-4.jpg

小屋組を組み、垂木を掛けていきます。


TIS-0516-5.jpg

上棟終了間近です。


TIS-0516-6.jpg

上棟が無事終了し、四方固めを行いました。建物の四隅の柱に、塩、米、酒をまいて建物を清めました。

Go to top

2015年05月15日

今週のお花

H27.5.15A.jpg

ここ何日間か、毎日暑い日が続いています。この2,3年、春と秋がなくなってしまったような気がします。四季折々がある日本の良さが失われていってしまいそうで、少し寂しいですね。

今週のコンセプトハウスには、玄関にスモークツリー、トルコキキョウ、リューカデンドロを、リビングには、アマリリス、バラ、ヒぺリカム、ガーベラ、ゴールドスティックを飾りました。
今週は、見た目がまんまるで愛らしいゴールドスティックについてです。
長い花茎を伸ばしてその先端に筒状の黄色の小花が集まってまんまるな球を作ります。その姿から、ドラムスティックやイエローボールとも呼ばれています。花言葉は、「心の扉をたたく」。英名でドラムスティックと呼ばれるように、太鼓や木琴のバチのような真っ直ぐな細い茎先に咲く丸い花の印象から付けられたようです。確かに花を手に取ると、ポンポンと振ってみたくなる衝動にかられます。

神奈川エコハウスでは、5月のイベントに構造、完成見学会。藤沢市秩父宮体育館で行われる、「藤沢市産業フェスタ」参加などを予定しております。イベントの詳細は、HPよりご確認ください。皆様のご参加をお待ちしております。

IH27.5.15C.jpg

Go to top