loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2015年08月

2015年08月31日

八重山諸島で夏休み

8月は毎年、私を置いて妻と娘2人が北海道の実家に帰るのが慣例になっていますが、妻が仕事を始めたこともあって、今夏は2週間余り、娘2人だけを実家で預かってもらいました。妻は東京に出てきてから約20年間、暑さを逃れて夏は必ず故郷に帰っていましたが、初めて真夏を南関東で過ごすことになったのです。8月前半は記録的な暑さだったこともあり、例年よりもエアコン稼働率が増えたことは言うまでもありません(笑)

さて先週、夏休みをいただいて家族旅行をして来ました。行き先は沖縄の八重山諸島です。
yaeym01.jpg
八重山諸島は沖縄県の西南端、というよりも日本の最西端に位置し、石垣島を中心とした有人島10島と点在する無人島で構成されています。沖縄本島からも約400~500km離れており、東京からは2000kmの距離(ちなみに北海道の根室や網走が、東京から1000km)にあります。私はこれまで、沖縄本島と宮古島には行ったことがあるのですが、八重山諸島は初めてです。

折しも台風15号が八重山諸島に向かっていたため、ずっと天気予報やニュースを気にしていましたが、何と出発の前日には目的地の石垣島を台風が直撃。現地の人の話では10年ぶりの直撃だったようです。

yaeym02.jpg

停電や車が横転している映像を目の当たりにして、翌朝のフライトが心配されましたが、当日空港に行ってみると、九州や四国への便が欠航になる中、那覇便は予定通りに出発。私たち家族が「日ごろの行いがいい」ことを確信しました(笑)

yaeym03.jpg石垣ではコンビニの看板が折れていた

羽田空港から那覇空港までは2時間半。那覇から石垣島までは1時間。そして乗り継ぎ時間は30分の予定でしたが、台風の影響で那覇空港が混雑していたため、石垣島行きの出発が遅れ、石垣島のホテルに着いたのは午後4時近くでした。
また、台風一過といっても快晴にはならず、天気は曇り時々雨といった状態。天気予報も芳しくなく、明日からの旅程が心配です。それでも、ホテルの部屋からはきれいな海が見られ、沖縄に来たことを実感しました。

yaeym04.jpg

すぐ手前に見えるのが竹富島(たけとみじま)です。島の周囲は約9km、人口は約360人という小さな島で、石垣港から6km足らずの距離です。その奥に見える大きな島影が西表島(いりおもてじま)です。面積は石垣島より大きいのですが、人口は石垣島の4万8800人余に対して僅かに2300人余り。島の90%を亜熱帯の原生林が占め、「東洋のガラパゴス」「最後の秘境」などと呼ばれ、大自然を活かしたエコツアーが盛んです。今回の旅では行かないのですが、いつかは行ってみたい島ですね。

翌朝、予報は外れて晴れました。島の天気は変わりやすいそうです。
さて、八重山諸島の玄関口である石垣島には石垣港離島ターミナルがあり、周辺の島々へ高速船で行くことができます。

yaeym05.jpg
yaeym06.jpg右端に見える金色の銅像は、石垣島が生んだスーパーヒーロー具志堅用高です

私たちが今回訪れたのは、竹富島と小浜島(こはまじま)です。竹富島への船は一日30便程度(高速船で約10分)、小浜島への船は一日20便程度(高速船で約25分)あり、悪天候で欠航さえしなければ非常に便利です。

船から撮った島の写真を紹介します。

yaeym07take.jpg竹富島は煎餅のように平べったいです

yaeym08kaya.jpg小浜島のすぐ近くにある無人島の嘉弥真島(かやまじま)です

さらに小浜島の近くでは、海面に薄っすらと浮かぶ白い砂浜が見え、その脇には小舟が幾つか浅瀬に乗り上げているのが見えました。

yaeym09hama.jpg

この写真では分かりづらいですが、これは、小浜島の北東に干潮時のみ出現するという「浜島(はまじま)」で、観光会社が企画する「幻の島上陸ツアー」の小舟が停泊していたようです。船内放送で知らせてくれる訳でもなく、窓の外に目を凝らさなければ気付かなかったと思います(笑)

竹富島も小浜島も、青い海と白い砂浜が眩しく、「ザ・沖縄」という感じでした。沖縄らしいキレイなビーチをご堪能ください。

taketom04.jpg「星砂の浜」とも呼ばれるカイジ浜(竹富島)

yaeym11kondoi.jpg遠浅で、沖合まで白い砂浜が続くコンドイ浜(竹富島)

yaeym12kohariz.jpgリゾナーレ小浜島のプライベートビーチ

両島での様子は次回お届けします(つづく)

岸 未希亜

Go to top

2015年08月31日

外壁工事

YDN-0831.jpg

外壁に通気を確保するための胴縁を設置しました。縦に同じピッチで設置されているものがそれです。この胴縁のある外側にラス網を張ってモルタルを塗り、最終的に仕上げます。

Go to top

2015年08月29日

木工事中

TIS-0829.jpg

和室に天井を張っている途中です。サツマ葦竹竿縁天井という仕上げですが、まだ竹竿縁は張っていません。また、2ヶ所天井が凹んでいるところがありますが、この中には照明を設置します。

Go to top

2015年08月28日

旧東海道関宿

8月も下旬に入り、夏から少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。
皆さんはこの夏いかがお過ごしでしたか。
私は盆休みに帰省しましたが、途中で関宿という旧東海道の宿場町に立ち寄りました。旧東海道には、日本橋から京都三条大橋までの間に53宿ありますが、関宿は日本橋側から数えると47番目の宿です。関宿は三重県亀山市にあり、鈴鹿サーキットや伊賀忍者の伊賀などが近郊にあります。


TSU-0828.jpg

関宿(玉屋前にて写す)


TSU-0829-2.jpg

関宿


私は古い街道や町並みを歩くのが好きですが、最近は、よくその地域での特徴的な細部を注意して観察するようにしています。古い町並みは、ともすると何処でも同じように見えがちですが、昔は今と違って風雨をシャットアウトするガラスや、暑さ寒さを調整するエアコン等はなかったので、地方によっては、気候に対するチョットした工夫があったりします。
今回も観察してみたところ、関宿では「幕板」というものに目がいきました。

TSU-0829-3.jpg

町家の幕板(彩色部)


TSU-0829-4.jpg

幕板断面(彩色部)


幕板は横降りの雨を防ぐもので、1階の庇の下に取り付けられています。正直言って、この地方がよく横降りの雨が降るのか、通りすがりの旅人には分かりませんが、何軒もこのような板を付けている家があったので、やはりそれなりの効果があるのだと思います。
また気候とは関係なく、今回もう一つ気になったものが「庵(いおり)看板」です。


TSU-0829-5.jpg

お菓子屋の庵看板(2階部分)


現代でも、縦長の看板はよくビル等に付いていますが、瓦屋根が付いているのはあまり見かけません。看板にわざわざ屋根が付いているところが、凝っているなあ、と思いました。
ガイド本によれば、関宿は旧東海道で最も江戸時代の面影を残す宿ということですので、もし機会があれば行ってみてください。私自身ももちろんお勧めします。

  坪田将浩

Go to top

2015年08月26日

ユニットバス

YDN-0826.jpg

ユニットバスを設置しました。ユニットバスとは工場製作の部品化された部材を現場で組み立てる浴室のことです。様々なバリエーションの中から選ぶことができます。

Go to top

2015年08月25日

外構工事

KGM0825.jpg

玄関からのアプローチ部分は、乱形石を乱張りにして仕上げていきます。

Go to top

2015年08月24日

太陽光パネル・太陽熱温水パネル

TIS-0824.jpg

屋根の上に登って、下の方を見下げています。
太陽光のエネルギーを利用する設備機器を設置しました。
L型に張られているパネルは太陽光パネルで、電気を発電します。その奥に見えているパネルは太陽熱温水パネルです。太陽の熱をそのまま利用して、温水を作ります。

Go to top

2015年08月24日

解体工事

MTS0824.jpg

解体工事が始まりました。大正6年に建てられた、築100年近くになるわが家が壊されるのは寂しいものです。長い間お世話になった家に感謝しながら、工事を進めていきます。

Go to top

2015年08月23日

連日の棟上げ

長野で進めているアースデザインオフィスのプロジェクトについては、4月にブログでお伝えしていましたが、お寺の庫裡(くり:住職や家族の住まい)の方は設計契約を行い、現在は実施設計を進めているところです。
一方、長野駅に近い場所で計画している住宅の方は、先週、棟上げが行われたので、北陸新幹線に乗って長野へ行って来ました。

長野駅ではいつも東口で送迎してもらうことが多く、善光寺口は滅多に利用しません。そのため駅舎の建て替え工事にずっと気付かなかった私ですが、春に来た時、その変貌ぶりに大いに驚きました。

naganost1.jpg
naganost2.jpg

上写真は3年前に撮った駅前です。善光寺口は商業ビルが建ち並び、官公庁や善光寺も控える表側にあたるのですが、県庁所在地で新幹線も停まる駅ながら、ローカル色の強い駅舎・駅前でした。
それが下写真のように刷新され、列柱と屋根でつくる軒下空間が近代的でも日本的でもあり、非常にいい雰囲気です。

午後3時頃に現場に着くと、既に棟も上がり、ほとんど形になっていました。

nagaoka1.jpg
nagaoka2.jpg

この住宅は、ご夫婦が社会人のお嬢さんと暮らすお住まいです。大人3人が住むということで、食事のスペースを中心としたLDKをつくり、仏間(和室)を連続させました。また、書道の先生をしているご主人は、寝室を兼ねた書道部屋が必要だったので、この畳敷きの部屋も仏間に連続させました。コンパクトにまとまった2階に比して、1階の屋根が東西に長く延びているため、屋根の存在が際立つ姿になっています。

長野での上棟後はいつも、手伝ってくれた大工さんをはじめ、瓦屋さん、設備屋さんなど、職人さんたちとの打ち上げです。上棟で顔を合わせるのが1年に1回ぐらいのペースなので、同窓会のような感じです(笑)

長野に泊まった翌日は、夕方に藤沢で棟上げがあるため、現場での打合せを午前中で終わらせて藤沢へ引き返しました。
2日目は、絵を展示するための建物、ギャラリーの棟上げです。

fujiyama1.jpg
fujiyama2.jpg

建物は、展示室を中心に、受付、談話室、館長室、倉庫などで構成されています。展示室は一般的な住宅よりも高い天井高が求められ、木材の経済性も考慮して4mの柱を使うことにしました。そして、天井高を確保すると同時に木造空間の心地よさも残したかったため、屋根の構造体を室内に見せる形を提案。
さらにギャラリーという性格を鑑み、よりシンプルな架構にするため、住宅では滅多にやらない片流れ屋根にしました。登り梁を3尺ピッチに並べた片流れ屋根は、極めてわかりやすい構造です。

fujiyama3.jpg

これは鉄骨の螺旋(らせん)階段です。毎日の昇降を考えると、住宅で使おうと思ったことはありませんが、この建物では、階段に場所を取られたくなかったことに加え、館長室専用の階段ということもあって採用しました。
また、展示室に大きな窓がないため、この螺旋階段は屋根をつくる前に設置しました。試しに登り降りしてみましたが、非日常感があって楽しい階段です(笑)

fujiyama4.jpg

棟上げの作業が終わると、簡略化した上棟式を行って解散するのが常ですが、この日は建て主のご厚意で、宴席を用意していただきました。大工さんたちは暑さと疲労でぐったりしていましたが、振る舞われたお寿司とノンアルコールビールで、心なしか元気を取り戻したような気がします。

さてこのギャラリーは、画家・山内龍雄の作品を展示するために計画されました。クライアントは、画家と二人三脚で歩んできた画商の須藤さんです。25年間をともにした同志を一昨年の暮れに亡くした須藤さんは、山内さんのファンに絵を見てもらうため、そして彼の作品を世に残すため、ギャラリーの建設を決めました。
このような強い想いのこもった建物を私たちに託していただけたことは、たいへん嬉しいことですし、これから先の自信にもなります。皆様も完成を楽しみにしてください。

岸 未希亜

Go to top

2015年08月22日

上棟

jyoutou1.jpg
さあ、今日は上棟です! 晴天にも恵まれました!
これから各現場の棟梁達が集結して、柱、梁、桁まで一気に組み上げていきます!

s-IMG_5902.jpg
今回の現場は間口が狭く、クレーン車の進入が大変です。
特にこの現場では、クレーン車が重要でした。その理由は後ほど・・・。

s-IMG_5904.jpg1階の柱

s-IMG_5905.jpg2階の床、と順番に組み上げていきます。

そして・・・・、
jyoutou2.jpg
真っ白い螺旋階段が登場です!!
当社では、滅多に?ほとんど?計画する事はありませんが、今回はギャラリーということもあって採用しました。 華奢な手摺が美しいですね。この階段を一般の入場者が使う事はありません。館長とその来客者のみのプライベートな階段です。
当日は、朝からトラックの荷台に乗っかって螺旋階段が近くで待機していました。屋根を架けると中に搬入する事が困難なため、2階の床を組んだ時点で屋内に上部から搬入しました。本日のハイライトです!

s-IMG_5913.jpg脚と上部をしっかり確認、固定し、

s-IMG_5914.jpg更に工事は続きます!

s-IMG_5916.jpg
2階の柱を建てていきます。
こちらの写真は展示室の様子です。 展示室は2層吹き抜けの大空間です!お客様からは「天井高は4mぐらいほしい」とご希望頂きましたが、柱の決まった寸法がありますので、高い方(向かって右側)は4m、低い方は屋根の勾配なりに下げて4m材を加工しました。
この柱は1階から2階まで繋がっています! 通し柱が並ぶ圧巻の絵です。

s-IMG_5917.jpg
その通し柱の上部を桁で繋ぎ、登り梁を渡していきます。
当社では珍しい片流れの形状の屋根を造っていきます。

s-IMG_5920.jpg
登り梁同士を小梁で繋ぎ、奥から天井となる木製パネルを張り始めています。そしてこのパネルが「ワザアリ」なのです! 後日こちらも種明かしをします。

s-IMG_5921.jpg
天井を張り終えたら、今度は屋根の断熱材の準備です。天井板の上に垂木を施工していきます。この垂木と垂木の間に断熱材を収めていきます。

s-IMG_5928.jpg
断熱材を施工し、その上に屋根下地の野地板を張っていきます。段々と陽も落ちてきました。全員で協力して作業を急ぎます。

s-IMG_5929.jpg
屋根形状は、片流れの屋根がいくつか組み合わさっていて、全てを完成させるには時間が足りません。残念ながら今日はここまでです。

作業が終わり、次は上棟式です。

s-IMG_5934.jpg
まずは、四方固めという儀式をお客様と棟梁で行います。お客様は、画商のご主人と画家の奥様夫婦です。

s-IMG_5930.jpg
そして式後の宴です!今回は特別にお客様のご厚意で開かれました。設計士の岸もお手伝いです。

ご主人からのご挨拶です。

s-IMG_5937.jpg
画家・山内龍雄氏は、残念ながら昨年亡くなられましたが、彼の絵を紹介するためのギャラリーということで、彼を支え続けた画商である須藤一實氏が、記念館建設に対する気持ちを伝えてくださいました。
皆さんも是非、ギャラリーがオープンする3月には鑑賞しにいらして下さい。

s-IMG_0256.jpg
大工さん達も一仕事終えて、安堵の表情です。右の眼鏡をかけている者が監督の伊藤です。当社きっての頼れるアニキです!

単純な形状なので今回の上棟は簡単だったのでは?と思っていましたが、とんでもない。いつもと勝手が違い、大工さん達はとても手間がかかったそうです。
お疲れ様でした。。 明日は休みです。ゆっくり休んで下さいね。

Go to top

2015年08月21日

給排水設備

KTK0821.jpg

給排水管を1階床下から2階へ立ち上げました。さや管(二重配管)になっていて、赤い管の中には給湯管、青い管の中には給水管が入っています。こうすることで、将来壁を壊さなくても取り替えが出来ます。

Go to top

2015年08月21日

構造見学会

KTK0830.jpg

構造見学会を行いました。エアサイクルオリジナル部材のダイヤカットに成形された断熱材や、天井の下地など、仕上がると隠れてしまう部分がじっくり見られる見学会です。

Go to top

2015年08月19日

木工事

YDN-0819.jpg

洋室の天井にボードを張りました。手前は勾配天井です。

Go to top

2015年08月19日

外構工事

KCM0819.jpg

車庫部分は、十分に転圧した上に鉄筋を組み土間コンクリートを打設します。外構工事においても、建物同様にしっかりとした施工が必要です。

Go to top

2015年08月19日

木工事

KTK0819.jpg

天井の下地は、野縁と呼ぶ36mm角材を455mm間隔に組み、その下に石膏ボードをビスで止めていきます。

Go to top

2015年08月18日

土台敷き

s-IMG_5842.jpg
棟梁の大城祐司さんが土台を敷いています。
この建物は住宅ではなくギャラリーですので、壁が少ないですね。手前がエントランス・受付・水廻り、その奥が展示室、更にその奥が倉庫となっています。
今回の基礎は立ち上がりを設けませんでしたが、断熱材(土台下部の薄い水色の部材)もきちんと施工し、床の仕上げによって基礎スラブの高さも変えています。通常よりも高さが低い基礎ですが、逆に手間が掛かっているとも言えますね。

s-IMG_5848.jpg
こちらは何でしょうか? 見慣れない形状ですね。 後ほど、種明かしをしたいと思います。

s-IMG_5899.jpg
土台敷きが終わり、足場の設置、部材の準備も抜かり有りません。
後は上棟当日を待つばかりです。

Go to top

2015年08月17日

階段

TIS-0817.jpg

階段を施工しています。正面に見える溝の掘られた板は、階段の側板(側面に付く板)です。溝には階段の踏板(足で踏む面の板)と蹴込板(垂直に立っている板)を差し込みます。

Go to top

2015年08月17日

基礎完成

TMY0817A.jpg

べた基礎と、犬走り及び土間コンクリートが完成しました。
この建物は土足で使用するため、スラブを下地にして床を造ります。そのため基礎の外周を立ち上げていないのが特徴です。

Go to top

2015年08月15日

断熱工事

KTK0815A.jpg

室内側は空気の流れを考慮してダイヤカットに成型され、外側はアルミシート貼りで遮熱性能を向上する、エアサイクルオリジナルの断熱材です。

Go to top

2015年08月15日

外構工事

KCM0815.jpg

外構工事が始まりました。ブロック塀の上に、ウッドデッキと同じ材で目隠しの塀を造ります。ブロックの空洞部分や目地には、鉄筋が錆びないよう所定の強度が出るよう十分にモルタルを詰めます。

Go to top