loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2016年09月

2016年09月29日

土台敷き

土台には、耐久性のあるヒノキを使用しています。
腐れや虫に強いので、特に注意が必要な土台は桧にしています。
hcu0929.jpg

Go to top

2016年09月29日

雑誌掲載のお知らせ

現在、書店に並んでいる「Home & Decor Vol.1(ホームアンドデコール)」に、当社で建築した住宅が掲載されました。

HD011.jpg

元々は「BY THE SEA(バイ・ザ・シー)」という名前で、海外のテイストを採り入れた住宅や、海辺のリゾートを感じさせる住宅が取り上げられることの多い雑誌です。したがって神奈川エコハウスの住宅は異色の存在ですが、今回掲載されたのは、当社では珍しい海辺の住宅だったので、あまり違和感はありません(笑)

海外生活の長かった建て主は、帰国後は都心の一等地にあるマンション暮らしでしたが、終の棲家を建てるにあたって、富士山の見える場所を求めて敷地を探し、三浦半島西岸のこの場所に巡り会いました。敷地は海辺から少し上がった西下がりの台地で、相模湾、伊豆半島、そして富士山を望むことができます。

HD012.jpg

地球や人間が営む永い歴史、文明の発達が招く環境問題等に関心が高い建て主は、日本が世界に誇る「職人の手仕事」が廃れることへの危機感も持たれていました。そこで、伝統工法を得意とする設計事務所や、自然志向の住宅をつくる会社を求めて長野県まで足を運ばれたそうですが、最終的には、大工をはじめとした職人の手仕事を大切にする当社を気に入ってくださいました。

HD013.jpg

建て主の希望は当初、より眺望の期待できる2階をリビングにすることでしたが、長閑な場所にもかかわらず準防火地域だったため、2階は窓が全開できないどころか、網入りガラスになってしまうことが判明。リビングを1階にした上で、延焼ラインを避ける絶妙な位置にメインの開口部を設けました。木製のガラス戸と障子を引き込めば、室内にいながら外にいるような感覚で景色を独り占めできます。

HD014.jpg

また、自然エネルギーの最大活用を目指して、屋根には太陽光発電パネルと太陽熱温水器を搭載。入居時は見送った蓄電池の採用も、引き続き検討中です。
屋根は沿岸地域ということでステンレス葺き、外壁は火山灰シラスを使った「そとん壁」、開口部は全て木製サッシ、玄関は蔵戸の再利用という特別仕様のため、一見しただけでも存在感のある建物です。

HD015.jpg

この住宅は、<絶景を切り取る「そとん壁」の家>として、近日中にホームページの「事例紹介」に加わります。お楽しみに。

岸 未希亜

Go to top

2016年09月29日

仕上げ工事

HRM0929.jpg
外回りの足場が外されました。外壁のスタッコフレックス吹き付けが完了し、残りはバルコニーやデッキの木工事です。
内部ではパテを塗っています。天井に白く塗られている部分がパテです。天井に壁紙を貼る前に、石膏ボードの目地をパテで埋めて段差をなくし、平滑な下地を作ります。

Go to top

2016年09月29日

造作家具

KNK0929.jpg
大工による造り付け家具が形になってきました。左は、吹抜けに面した2階スタディーコーナーのデスクカウンターで、この家の見せ場になる空間です。右は、トイレの手洗いカウンターです。

Go to top

2016年09月29日

天井下地・エアーオープナー

DKT0929.jpg

左:天井の下地を野縁と呼び、36mm角材を455mm間隔で流し、その上に石膏ボードを張り、さらに壁紙を張って仕上げます。
右:神奈川エコハウスの住宅では、エアサイクル工法の場合、小屋裏上部にエアオープナーという空気の出口を設けます。夏はオープナーを開き、温まって上昇してきた空気を排出し、冬は閉じて、暖かい空気の循環を作ります。

Go to top

2016年09月28日

仕上げ工事

RGH0928.jpg
漆喰塗り(左官工事)が始まりました。漆喰は、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分とし、化学物質過敏症の原因の主たるものとされる、ホルムアルデヒドの吸着分解の機能がある素材です。

Go to top

2016年09月27日

外部防水検査

外部の防水に関係する工事が一通り終わった段階で自社の外部防水検査を行います。
ボードのジョイント、スリーブ(エアコン用の配管など)の貫通部、配線の貫通部、サッシ周りなど重点的にチェックします。
スリーブ周りやサッシ廻りは専用の防止部材を使用し、さらに粘着性の高いブチル系の防水テープで止めていきます。
最終的に、このチェックが甘いと雨漏りの原因になり得ますので、とても重要な検査です。
hrf-160927-1s.jpg
hrf-160927-3s.jpg
hrf-160927-2s.jpg

Go to top

2016年09月27日

コラム基礎

建物を支える大事な基礎の工事が完了しました。
四角いサイコロのように見えるものは、独立型基礎です。柱の荷重が掛かる部分など内部の要所に設置されます。独立型なので、床下の空気の流れを妨げず、通気を良好な状態に保ちます。
hcu0927.jpg

Go to top

2016年09月27日

外壁工事

SRM0927.jpg

外壁仕上げの吹付け前に無塗装サイディング(外壁下地)のジョイント部分をパテで平滑に仕上げ,下地処理を行います。

Go to top

2016年09月27日

外壁工事

KNK0927.jpg
左:窓の上に付く小さな庇の上にアスファルトルーフィングを張りました。この材料は防水性能を担う下葺き材で、庇もしくは庇が壁に突き当たる部分からの水の浸入を防ぎます。

右:アルミ箔を貼った断熱材の上に打たれている木材を胴縁と呼びます。この胴縁の上にサイディングを取付ける為、外壁と断熱材の間に隙間が出来ます。この隙間が外側通気層といわれ、主に湿気の排出経路になります。

Go to top

2016年09月26日

土台敷き

YTM0926.jpg
上棟前に土台を敷きます。土台は上部構造すべてに影響してしまうので、レベルを確認し、ミリ単位で高さ調整を行います。土台には、神奈川県産のヒノキ材を使用します。ヒノキは防虫、防腐性能が高く、シロアリ対策になります。

Go to top

2016年09月23日

2階木工事

木工事は、敷居鴨居などの造作枠の取り付けと石膏ボード施工を行っています。
まずは2階から進めて、2階を仕上げてから1階の工事を進める手順が一般的です。
ハウスメーカーとの違いは、木目調の出来合いのパーツをだだ組み立てるわけではなく、無垢の木を加工しながらつけていくため手間も時間もかかります。しかし、大工の腕の見せ所でもあります。
hrf-160923-1s.jpg
hrf-160923-2s.jpg

Go to top

2016年09月23日

コンクリート打設

KHM0923A.jpg
いよいよコンクリート打設です。出荷時刻と指示通りの配合になっているかを、初めに納入書で確認します。次にンクリートの品質検査を行います。スランプ値(柔らかさ)、空気量、塩化物量を測り、強度試験用のテストピースを作製します。

KHM0923B.jpg

品質検査が終わったらいよいよ打設。ポンプ車を使って生コンクリートを型枠の中に流し込みます。流し込みの際、バイブレーターで生コンを撹拌します。
バイブレータで振動を与えることによって、隅々までしっかりとコンクリートが充填され、併せて、コンクリート密度を高め、不要な混入空気を除去し、骨材が均等に分布することで、強度が高くかつきれいなコンクリートになります。

Go to top

2016年09月23日

設備機器

SRM0923.jpg
1坪サイズのハーフユニットバスとゲートスタイルキッチンが搬入されました。

Go to top

2016年09月23日

階段

KNK0923.jpg
階段が出来てきました。側桁に段板を差し込む溝を彫り、側桁と反対側の壁で段板を支える構造で、側桁自体は柱と梁によって支えられます。造作階段は大工の見せ場の一つです。

Go to top

2016年09月21日

小田原S邸 完成見学会の見どころ

今週末に見学会を開催する「小田原市S邸」の見どころを紹介します。今回は、建て主の紹介だけでも伝えたいことが盛りだくさんのため、いつものような詳しい解説は省略して、建物は断片のみお見せします(笑)

srs01.jpg

「板の間」は障子越しの自然光に照らされ、天井も桧板張りで温かみのある空間。大工の技が発揮されたストリップ階段がアクセントになっています。窓上の間接照明、PH5(照明)の美しい灯りは隠し味です。

srs02.jpg

大工造りに家具造りを組み合わせたキッチンは、自然素材の室内に違和感なく溶け込んでいます。2階は、化粧野地板を天井にした非常に開放的な空間で、窓から見える山並みも綺麗です。

建て主のSさんが最初に資料請求をしてくださったのは、ちょうど3年前の2013年9月でした。直後にあった県産材を巡るバスツアーに参加されたのを皮切りに、当社主催の家づくりセミナー(「住まいの教室」が始まる前)や、主に県央・県西地域の構造・完成見学会に何度も参加していただきました。入居希望時期が2年以上先ということで、時間的な余裕があってのことですが、何度も顔を合せるうちに当然ながら距離も縮まり、「営業する側とお客様」という構図ではなく、気軽に相談できる間柄になれたように思います。
当社を知る前からハウスメーカー、工務店、設計事務所などを幾つも見て回っていたSさんですが、1年間に及ぶセミナーや見学会の参加(延べ16回)で当社の家づくりを詳しく知り、心が決まったようです。Sさんの言葉を借りれば、「他の工務店では設計力に不安を感じ、設計事務所では施工会社や工事のレベルが不確定。貴社に頼めば設計・施工の両方に満足できると思った」とのこと。これだけじっくり観察されても耐えられたことは、大きな自信になります(笑)

srs03.jpg

敷地は市街化調整区域との境にあたり、道を挟んだ北側は家が少なく、遠くに山並みを望むことができます。駐車場にしていた実家の土地を切り取って敷地にするため、計画の自由度は極めて高く、かえって難しい条件とも言えました。
前述のエピソードからも分かるように、Sさんは「設計」に対する期待が非常に高く、要望書への記述は非常に丁寧で、かつ面白い表現も幾つかありました。例えば「いつまでも輝き続ける家」という表現。50年前のデザインが今でも引き継がれ、その美しいデザインが色あせないポルシェを例に挙げていました。「子供部屋、主寝室といった呼び名ではなく、奥の部屋、六畳の部屋といった呼び名にしたい」も真っ先に書かれていた要望です。また、具体的で細かな要望がある反面、「~があるといい」「~するのも一案」といった表現で、設計者に判断を委ねる書き方も上手でした。

srs04.jpg

そんなSさんに乗せられた私は、第一案としてスキップフロア案を作成。ほとんど平屋の建物の一部がスキップフロアになっていて、下が車庫になっている案です。中2階部分のスタディコーナーと1階のリビングの一体感が魅力的なプランでしたが、予算をオーバーしてしまい、断念しました。
これに続く第二案は、平屋の一部に小さな2階を造り、屋根付きの車庫と一体にした案です。平屋らしいどっしりとした安定感を持ちながら、2階部分がアクセントになった佇まいが好ましい建物でしたが、残念ながらこれも実現しませんでした。
第三案は現実路線に舵を切り、下屋のある2階建て案にしました。平屋と比べると、2階建ての方が風通しが良くなったり、動線が短くなったりして良いことも多いので、結果的には非常にバランスの良いプランができたと思います。当初からの要望もほとんど叶えられているので、Sさんも納得でした。

srs05.jpg

現在は外構工事の追い込み中です。目隠し格子に囲われた物干しデッキ、玄関までのアプローチなど、外回りの見どころも多いので、お楽しみに。

岸 未希亜

Go to top

2016年09月20日

屋根

DKT0920.jpg

屋根の仕上げは、ガルバリウム鋼板平葺きです。ガルバリウム鋼板は通常の鋼板に比べ3~6倍の耐久性を誇ります。

Go to top

2016年09月20日

木工事

HRM0920.jpg
桧を使った造作洗面台が半分ぐらい出来上がりました。壁のモザイクタイル、鏡、洗面器が揃えば完成です。

Go to top

2016年09月20日

木工事

SRM0920.jpg
壁に石膏ボードを張っています。しっかりと壁が出来ると暮らしのイメージがしやすくなります。

Go to top

2016年09月19日

木工事中間確認

お施主様立ち合いによる木工事中間確認を行いました。
壁の石膏ボード施工が本格的に始まる前に、下地の状況と電気配線を確認していただきます。
この段階であれば、多少の配線変更もまだ対応可能です。
外部も、玄関廻りの板張りのなど、現状を確認していただきました。
hrf-160919-1s.jpg
hrf-160919-3s.jpg
hrf-160919-2s.jpg
hrf-160919-4s.jpg

Go to top