loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2017年09月

2017年09月29日

石膏ボード

0929ボード0004.jpg
室内の壁は、間柱に横胴縁を取り付け、その上に石膏ボードを張って下地を造ります。ボードを貼るまでは視線が抜けてしまい、なかなか壁や天井をイメージできませんが、随分部屋らしくなってきました。

Go to top

2017年09月27日

外壁

IMG_42060001.jpg
外壁はスタッコフレックス吹付塗装仕上げです。スタッコフレックスが持つ伸縮性能により、従来の塗り壁材で発生していたクラックの問題を最小限に抑えることができる、超弾性塗り壁材です。

Go to top

2017年09月27日

木工事

s_IMG_4100.JPG

天井を張っています。写真に写っている天井は、桧羽目板です。羽目板とは壁や天井の仕上げ用に製材した板のことで、この天井は本実目透かし張りと呼びます。

s_IMG_4203.JPG

s_IMG_4101.JPG

桧はピンクがかった色合いで、綺麗な木目と光沢が特徴です。また特有の芳香があり、やさしい雰囲気をもっています。

Go to top

2017年09月27日

ウッドデッキ

0927デッキ0002.jpg
桧のウッドデッキが完成し、網戸の取り付けやサッシの調整を行っています。

Go to top

2017年09月26日

10月1日(日)西鎌倉完成見学会の見どころ

今週末10月1日(日)は西鎌倉で完成見学会が開催されます。
湘南LO-COの31.5坪タイプです。
DSC01585.JPG
施主は湘南LO-COが5年くらい前にスタートした時から注目していただき、建てるならLO-COと決めていた方です。LO-COの良さを十分に理解しているので、その特徴を十分に活かした住まいが完成しました。
今回の見どころは、何と言っても吹抜けを中心とした解放感。
0299.JPG
吹抜けの部屋に面した建具を引き込むと、全体がワンルームの空間になり、2階にいても1階の気配を感じながら過ごせます。また、建具を開けることで、風通しも良く、東から午前中の光がLDKに射し込みます。
吹抜けのセンターに配置したシーリングファンは、空気の循環を促し室内環境を整えるとともに、家の中心を象徴的に表しているような存在です。

i1.jpg
最近は対面キッチンのご要望が多いのですが、今回は壁付けの配置を選択、キッチンで分断されることなく、LDKが一体の空間として利用できます。ダイニングテーブル、ソファなどの家具の配置は、生活しながらベストな位置を決めることができます。
その他の造付け家具もあまり造らず、施主が住みながらDIYで造ったり、必要なサイズのものを購入していく予定です。
当初から湘南LO-COでは、住みながら家を育てていくというコンセプトなので、ああしよう、こうしようと、実際の生活の中で、楽しみながら完成に近づけてほしいと思います。
024.JPG

天井を見上げた写真では、スギ板がかなり賑やかな印象ですが、実際に人の生活目線では節などそれほど気にならない感じがすると思います。
板張り天井とクロス天井、板張りでも節あり、節無しなど様々で、これは好みがかなり別れるところです。また、LO-COの特徴の開放的な勾配天井と水平な天井も好みが別れるところ、実際の空間で体験してみると自分の好みもはっきりしてくるでしょう。
参考に、先週見学会のアースハウスのお宅の大きさ的には同じくらいの吹抜けも載せておきます。ちなみにこのお宅は天井もすべて漆喰で統一しました。とても、すっきりしています。
022.jpg
ぜひ、いろいろな見学会に参加して自分の好みをご確認ください!
高橋

Go to top

2017年09月25日

給気口,換気口

s_016.JPG

給気口、換気口などのスリーブ(管)が施工されました。
24時間換気扇やキッチンの換気扇などのスリーブは、それぞれ大きさ(太さ)が違います。電気屋さんが工事に来る前に、現場監督が事前に穴をあける箇所を描いて指示します。

s_014.JPG

s_045.JPG

業者さんが行う作業もすべて管理しています!
工事が終わった後も、寸法や場所などのチェックを行います!

Go to top

2017年09月24日

完成

■リビング・ダイニング
0200001.jpg
0220002.jpg

■キッチン
027 - コピー0003.jpg

■吹き抜け
039 - コピー0001.jpg

■オープンスペース
IMG_36680004.jpg
IMG_36780006.jpg

■外観
0500007.jpg

Go to top

2017年09月23日

木工事

IMG_41380001.jpg
1階のリビングと仏間の天井には、葦合板を張りました。

Go to top

2017年09月21日

床材取付け

s_005 (1).JPG

床が見えてきました!見えている床材はヒノキムクフローリングです。
棟梁の中山大工が作業しています。

s_007.JPG

この床の下地にはスギ無垢パネルを使用していて、
そのパネル裏面が1階の天井として見えています!

MRM0921.jpg

Go to top

2017年09月21日

金物検査

171005-7.jpg

171005-6.jpg

タテヨコの柱・梁にナナメの筋違が入り、接合部を金物で補強して耐震性を高めます。構造計算によって決められた金物の配置や取付け方法などの検査をしました。建物が完成した時に隠れてしまう部分だからこそ、しっかりチェックする必要があります。この後、外部検査員のチェックが入り合格しております。

Go to top

2017年09月19日

設備工事

s_IMG_4004.JPG

水道などの給排水設備、コンセントなどの電気設備。木工事の期間に、これらの内部配管工事を行います。

s_IMG_4007.JPG

配管を取り付ける際、壁や床に穴をあけて管(スリーブ)を通します。現場監督は、見栄えや構造に影響が無いか等を事前に調べ、スリーブの穴をあける箇所すべてを指示します。

Go to top

2017年09月19日

外観

s_DSC01579.JPG

s_DSC01583.JPG

s_DSC01585.JPG

Go to top

2017年09月19日

雑誌掲載のお知らせ

現在、書店に並んでいる「Home & Decor(ホーム&デコール)Vol.5」に当社で建築した住宅が掲載されました。前号に続き、「読者が選ぶ、住みたい家のグランプリ」にノミネートされています。

HD051.jpg

掲載されたのは、今年の1月と2月に完成見学会を行った鎌倉の住宅です。当時のブログでも「見どころ」を紹介しましたが、特筆する点を改めて記します。

一つ目は、自然を身近に感じられる間取りや窓の配置です。敷地は谷戸(やと:尾根に挟まれて谷が深く入り込んだ部分)と呼ばれる鎌倉特有の場所にあるため、背後に山が迫った自然豊かな環境です。開発分譲地で道幅が広く、風致地区の壁面後退制限もあって、一つ一つの区画にゆとりのある恵まれた住環境のため、道路側の開放感や北側の眺望を活かす設計が求められました。

HD052.jpg

二つ目は、建築家の中村好文さんに思いを馳せて計画したことです。奥様が中村さんの住宅に好感を抱いていて実際に連絡もされたのですが、条件が合わずに断念することになったため、私の設計を中村さんに寄せてみようと試みました。
中村さんは「普通のいい家をつくる」と評される、建築家らしくない建築家です。建築家住宅は、とかくデザインが主張し過ぎて嫌味になりがちですが、中村さんは生活のリアリティを押さえた何気ないデザインで、住まい手に「緊張」を強いることがありません。その中村さんの生み出す空間や、遊び心を意識しながら設計したので、普段とひと味違った住宅になりました。

HD053.jpg

三つ目は、ご主人にお任せした色使いです。美術大学を卒業しているご主人は、たいへん絵が上手で、見学会等に参加された時も、細部の納まりやデザインに目が行く、繊細な感覚をお持ちでした。私も中学生までは絵を描いていたので、色彩感覚には自信のある方ですが、今回ばかりはご主人の感覚に委ねました。
デザインを邪魔しないように、この家では建具も木の框戸ではなく、クロス・和紙を貼るフラッシュ戸を多用しているのですが、ご主人はほとんど色を付けずに白基調にされました。天井のほぼ全面が杉板で、壁とのコントラストが強いため、それ以上の色は不要と判断したようです。私も勉強になりました。子供室からダイニングを見下ろすための小窓が、唯一の差し色になっていて効果的です。

HD054.jpg

「住みたい家のグランプリ」は、雑誌「ホーム&デコール」のホームページから、投票期間内(7月15日~10月31日)に誌面のエントリーナンバーで投票する仕組みです。エントリーナンバー09「親世帯と古桜をつなぐ、こだわりぬいた総二階の家」と、エントリーナンバー21「温かみと美しさが同居する空間、恵まれた自然環境にひらく家」が当社で建てた住宅です。神奈川エコハウスを応援してくださる皆様、投票をよろしくお願いします(笑)

この住宅は、<別荘のような普段着の家>として、近日中にホームページの「事例紹介」に加わります。お楽しみに。

岸 未希亜

Go to top

2017年09月18日

窓まわり,玄関

s_008.JPG

現場に窓が搬入されました!
壁断熱材の施工が終わるタイミングで窓まわりを取り付けていきます。

s_012.JPG

同時に玄関も取り付けます。今回は引き戸の玄関です。
単純に窓や玄関は、そのまま取り付けることはできません。ぴったり収めるためにも、数ミリ単位の寸法まで測り、枠をつくって取り付け作業に入ります。

Go to top

2017年09月16日

アイアン手摺工事

階段・吹抜け廻りにアイアンの手摺を施工しました。
今回は直径60mmの丸型手摺、交差する部分の加工がなかなか大変ですが、とてもやわらな印象になります。
これから、白く塗装をして仕上げます。
GKO170916-1s.jpg

Go to top

2017年09月15日

防水工事

dfdfd.JPG

防水工事とはバルコニー、屋上(屋根)などからの漏水を防ぐための工事です。
水分は建物の大敵です!建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させてしまいます。

gff.JPG

建物内部に侵入した雨水は、カビの発生にもつながります。これらを防ぐための施工を行います。
写真にあるタイベックとは、とても強靭で、耐久性と軽さ、通気性と撥水などの特性をもった不繊布です!
バルコニー壁に施工しています。

Go to top

2017年09月14日

胴縁

0914胴縁0002.jpg
何本も並んでいる平べったい木は、これから張るサイディングの下地で、胴縁と呼びます。サイディングボードを支えつつ、胴縁と胴縁の間の空間は外壁側の通気層となって通気を確保します。

Go to top

2017年09月14日

ウッドデッキ施工

外部では、ヒノキのウッドデッキの施工中です。
大きなデッキでのびのびできそうです。
今回は、オスモの自然塗料クリア色で仕上げています。
GKO170914-2s.jpg
GKO170914-1s.jpg
また、内部では気密性を重視する施主さんのために工夫したオリジナルポストも施工中です。
GKO170914-3s.jpg

Go to top

2017年09月13日

仕上げ工事

0913内部0001.jpg
内部も完成が近づいています。2階キッチンの壁には色鮮やかなタイルが貼られ、造作の食器棚や家電台も完成しました。

Go to top

2017年09月13日

ウッドバルコニー

k邸0913デッキ.jpg
2階中庭部分に桧のバルコニーを造っています。手摺り壁は横板目透かし張りにして、手前のシャッター隠しと揃えます。木部には木材保護塗料のノンロットを塗装します。ノンロットは、木の木肌を生かしたごく自然な仕上がりと、天然木の香りを消さないことが特徴です。

Go to top