loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2012年11月

2012年11月29日

紅葉狩り(前篇)

このところめっきり寒くなってしまい、秋はどこかへ行ってしまったような気配です。少しでも秋を感じたいという気持ちから紅葉狩りに行ってきましたので、皆様にも「お裾分け」したいと思います。

kokeizan1.jpg

初めに訪れたのは岐阜県多治見市です。
多治見では、今夏にモデルハウス兼新居が完成した早川工務店とのコラボレーションで、すでに設計を終えて上棟した住宅が1棟、これから計画を始める住宅が1棟あります。そのレポートは日を改めるとして、この日は早朝に家を出て、打合せ前に虎渓山を訪れました。

kokeizan2.jpg

虎渓山は、臨済宗南禅寺派の永保寺とその塔頭寺院3寺で構成されている、禅宗の雲水(修行僧)が魂の成就を目指す修行の場です。本来は観光地ではないのですが、岐阜県下でも有数の景観と、国宝などの文化遺産を保有するため、境内は無料で開放されています。(上写真は国宝の観音堂です)
この日は3連休後の平日にもかかわらず多くの人が訪れていましたので、連休中は恐らく観光客で溢れかえっていたことでしょう。
それでは息を飲むような紅葉をお楽しみください。

kokeizan3.jpg
池を配した国指定名勝庭園があり、水面に映る紅葉が色鮮やかでした
kokeizan4.jpg
永保寺境内のすぐ脇には土岐川が流れており、この土手の紅葉も見事でした

次に訪れたのは滋賀県長浜市(旧伊香郡木之本町)です。
2010年の大合併で長浜市に編入されてしまいましたが、滋賀県北東部(琵琶湖東岸)に位置する「木之本」は交通の要衝で、北国街道の宿場町として栄え、また目の仏様として参拝者が絶えない木之本地蔵院(浄信寺)の門前町でもありました。この両者が混じった賑わいのある町並みは今もその面影を残しています。

kinomoto1.jpg

kinomoto2.jpg

kinomoto3.jpg

kinomoto4.jpg

紅葉を目指して木ノ本駅からバスに乗ります。ちなみにバスは1日に片道9本しか運航していないので、旅行計画は綿密に立てなければなりません。旅行計画の得意な私ですので、そこは抜かりありませんが(笑)

keisokuji1.jpg

バスに揺られること15分で山裾の参道入口までやって来ました。長浜市(旧木之本町)の東側は岐阜県に接する山間地ですが、この辺りは琵琶湖に近いので山と呼ぶほどの険しさはありません。お年寄りでも十分に歩ける散策コースがあって、やはり平日にもかかわらず、多くの年配者が紅葉見物に訪れていました。

keisokuji2.jpg

生憎、当日は朝から雨が降っていたため、午前中に岐阜県内で打合せをしていた私は、今日の紅葉狩りを半ば諦めていました。しかし町並みだけでも見たかったので木之本まで足を運んだところ、雨がほとんど上がってきたために予定通り「鶏足寺」まで行くことにしたのです。
鶏足寺(旧飯福寺)は伝承によれば天平7年(735年)に行基が開基したという歴史の古い真言宗の寺院でしたが、昭和8年に焼失した後は廃寺となっているようです。坂の頂に形ばかりの寺があるだけで、坂の両脇のひな壇状の敷地には、寺院建築の痕跡だけが残っていました。しかし地元の人たちによって寺や参道が管理されているため、非常に素朴かつ美しい紅葉を見ることができました。

keisokuji3.jpg

keisokuji4.jpg

歩いて5分ほどの隣りに、これも奈良時代創建で現在は住職のいない石道寺があります。本数は少なかったのですが、こちらも風情のある紅葉が見られました。

keisokuji5.jpg

事前の調べではこの参道の距離感が分からず、現地2時間強滞在の予定を組んでいましたが、意外と距離が近かったために一本前のバスに乗れそうな感じがありました。そうすると滞在時間40分でバス停に戻らなければなりませんが、紅葉の見事さについつい撮影時間が延びてしまい、必死に走ったにもかかわらずバスに乗り遅れてしまいました。次のバスは1時間半後です(涙)
タクシーも通らないような田舎道なので、しかたなく木ノ本駅まで歩くことにしました。45分ぐらいで着くことができたのですが、再び雨が降り出してきたために「泣きっ面に蜂」という言葉がぴったりでした。(後篇につづく)

岸 未希亜

Go to top

2012年11月29日

コンクリート打設

基礎コンクリートの打設を行いました。
まずは、型枠内の掃除から、森が近いので、数日で落ち葉がたくさん積もってしまいます。
IMG_68360001.jpg
道路幅も狭いので、立米車という小さめの生コン車を使用します。
IMG_68520001.jpg
今回はエアサイクルのプラ基礎ではありませんが、専用の金物を用いて、底盤と立ち上がりを一体打ちします。
まずは外周部の根本から打設を始めます。
IMG_68410001.jpg
次に外周立ち上がり、中央の底盤の順番で打設します。
バイブレーターで振動を加えしっかりと充填します。
IMG_68460001.jpg

IMG_68500001.jpg

Go to top

2012年11月29日

配管工事

KBA1129.jpg

弊社では、配管工事は、さや管ヘッダー工法という方式をとっています。
起点となるヘッダーから最終の出口までつなぎ目がありません。
赤い管の中に給湯管が、青い管の中に給水管が入っています。

Go to top

2012年11月29日

床暖房

ガス式の床暖房マットを敷いていきます。
温水が流れると聞くと太い管を想像してしまいますが、実際にはシート1枚の薄さです。室内の空気を汚さず、足元からやさしく暖めてくれます。
YYM121129.jpg

Go to top

2012年11月28日

外装工事

THO1128.jpg

外壁の吹き付けを行う前に、サイディングのジョイント部が平滑になるよう下地処理を行い、軒裏は杉の現しなので、吹き付けがかからないよう養生します。

Go to top

2012年11月28日

捨てコンクリート

MMK121128.jpg
防湿シートの上から捨てコンクリートを打ちました。基礎をつくる位置に印を付けて型枠を正確に設置するために行います。
また、基礎邸面を平らにならして、鉄筋の高さを揃えます。

Go to top

2012年11月28日

システムキッチン

KGY121128.jpg
キッチンが入りました。シンクの前はもちろんガスコンロの前もフルオープンで、窓越しに桜並木が見えます。

Go to top

2012年11月27日

エアーオープナー

KBA1127.jpg

屋根裏にエアーオープナーが付きました。エアーオープナーは、電動式で、夏は開放し熱気を排出し、冬は閉じます。

Go to top

2012年11月27日

竣工

竣工しました。
MUS121127-1.jpg
造作で造ったメープル素材の靴箱です。
MUS121127-2.jpg
ダイニングの照明はデンマークを代表ブランド LE KLINT(レ・クリント)のペンダントランプです。
1枚の特殊なプラスティックペーパを職人の手でおりあげた美しいフォルムが特徴です。広い面積で発行することで『眩しさのない、心地よい光』を放ちます。
panelimgMUS121127-3.jpg
家の形が台形になっているので、部屋の一角が鋭角になることが多くなりますが、収納等にあてて有効に活用しています。
panelimgMUS121127-8.jpg
階段の手摺もオリジナルです。優しい手ざわりです。
MUS121127-12.jpg
panelimgMUS121127-6.jpg
末永く愛される家になりますように。

Go to top

2012年11月27日

木工事

MIK1127.jpg

小屋裏収納が出来てきました。床は無垢のスギ板、壁と天井には、桐の合板を張って行きます。
小屋裏へと向かう階段の縦格子は、杉です。

Go to top

2012年11月27日

断熱材

外断熱材を施工しました。外側はアルミ箔がついていて、夏季の遮熱に力を発揮します。
YYM121129-2.jpg
内側にはエアサイクル独自のダイアカットが見えます。この溝があることで壁の中が密閉されず、空気が循環し、温度・湿度を調整します。
YYM121127.jpg

Go to top

2012年11月26日

D-BOX

MMK121126.jpg
『D・BOX』とは、区画分割された箱状の単位(Diviced Box)を意味しており、土の区画拘束原理を最大限に生かすよう工夫された箱状の袋で、地盤補強・振動低減対策・液状化対策他の複合効果を持つ地盤改良の製品です。
地耐力の大幅な向上、局所圧密・強化作用、そして地震動や交通振動の低減を可能にし、しかも環境負担が少なく、耐久性やコストパフォーマンスが高い工法です。

Go to top

2012年11月26日

ウッドデッキⅠ

panelimgKGY121126.jpg
1階と2階のウッドデッキ・ウッドバルコニーの下地を作っています。
ウッドバルコニーは、本体とは切り離して、最後に施工します。
分離することで、将来的な補修や交換も対応しやすくなります。

Go to top

2012年11月24日

配筋検査

jnt1.jpg
基礎配筋検査を行いました。鉄筋径、鉄筋間隔、かぶり厚、定着、対角長さなど設計図書との整合性を確認していきます。
換気口用のスリーブ周りの補強も、しっかりと行います。

今回は、敷地の高低差の関係で、深基礎と言って通常の基礎よりも一部深くなっている部分があります。
深基礎部分で、かぶり厚さがぎりぎりの部分があり、そちらを是正しました。
jnt2.jpg

Go to top

2012年11月24日

ジオクロス工法

MMK121124.jpg
特殊シートを使用し、住宅軟弱地盤を補強して地盤の支持力の増大を図り、総沈下量の抑止、不同沈下制御をする工法です。
施工深度が浅いため、文化財埋蔵地域での施工が可能です。また、施工時の騒音や振動の影響がなく、周辺環境(地盤・地下水)に対しての汚染もありません。
耐久性能は半永久的に持続します。

Go to top

2012年11月24日

外張り断熱材

KBA1124.jpg

外張り断熱材が施工されました。
内側から見るとエアサイクル独自のダイアカットがよくわかります。このダイヤカットの溝があることで壁の中が密閉されず空気が循環し、温度・湿度を調整します。

Go to top

2012年11月23日

配筋・型枠設置

IMG_66180001.jpg
基礎の配筋と型枠の設置が始まりました。
今回は、防蟻効果のある断熱材を型枠に、あらかじめ設置しておきます。
断熱材のジョイントも専用のコーキング材を充填します。

Go to top

2012年11月23日

内装工事

THO1123.jpg

壁や天井にボードが貼られ、部屋らしくなってきました。当社の建物は真壁の場合が多く、柱の一部分が現しになります。その為お引き渡しまで汚れないように青いシートで養生します。

Go to top

2012年11月22日

捨コン打設

IMG_65650001.jpg
捨てコンクリートの打設が完了しました。
あらかじめ防湿シートを敷いておき、その上からコンクリートを流します。
捨コンの役割は、防湿シートの保護や、基準となる平らな面ができることで、型枠の精度も良くなります。
省略してしまう業者もいますが、いい基礎づくりには、必要なものです。
捨コンとは名前が悪いですが、まさに、基礎の基礎となるコンクリートです。

Go to top

2012年11月21日

キッチン

MIK1121.jpg

キッチンが施工されました。I型キッチンは、台所を広々と使え、使い勝手がとても良いですね。

Go to top