loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2012年12月

2012年12月28日

仕上げ工事

MIK1228.jpg

部屋には、石膏ボードが貼られました。この石膏ボードを下地として、クロス、塗装、珪藻土などの仕上げを行っていきます。階段は、杉の縦格子の手摺りです。

Go to top

2012年12月28日

木工事

KBA1228.jpg

天井は、桧の板張りです。天井に桧を貼ると、木のぬくもりが身近に感じられて落ち着きますね。壁には、2階からの配管が見えます。

Go to top

2012年12月28日

屋根

panelimgMMK121228.jpg屋根の仕上げはガルバリウム鋼板の横葺きです。ガルバリウム鋼板はアルミと亜鉛の合金でメッキを行うので、亜鉛メッキに比べ非常に高い耐久性を誇ります。

Go to top

2012年12月27日

小屋裏

MYH1227.jpg

小屋裏にサッシが取りつきました。小屋裏から見ると、屋根や壁の断熱材の様子がよくわかり、エアサイクル工法の空気が廻る仕組みが理解しやすいのではないでしょうか。

Go to top

2012年12月25日

上棟

いよいよ上棟、今回は道幅が狭く、大きなクレーン車は入らないので、人力で上棟します。手起しといいます。
IMG_75830001.jpg
2階の床梁が組みあがりました。90角に格子を組み、2階の床を固めます。構造的にここはとても重要なポイントです。
IMG_75870001.jpg
木組みのポイントとなる太鼓梁を設置しています。
IMG_75990001.jpg
最後は、手作業で微調整して、きれいに納めています。
IMG_76030001.jpg
3本の太鼓梁も無事設置できました。とてもきれいな木目です。
DSC062080001.jpg
断熱材の上側はこんな感じです。エアサイクルの通気層が良くわかりますね。
この上に野地板を張って本日の作業は完了です。
IMG_76190001.jpg

日が落ちる前に、所定の作業を無事完了しました。
寒い1日でしたが、お施主様にもお立合いいただき、ありがとうございました。
DSC062140001.jpg

Go to top

2012年12月25日

完成

THO1225D.jpg

THO1225C.jpg

THO1225B.jpg

THO1225A.jpg

緑に囲まれた環境を生かして、窓からの眺めも考慮した素敵なお宅になりました。

Go to top

2012年12月25日

新しいカタログセットができました。

弊社の家づくりの考え方がよくわかるカタログセットができました。
3冊組のカタログを、専用のケースに入れてお渡ししております。

■コンセプトブック 
  ・・・家づくりのコンセプト(目指す方向性)をお伝えします。
■アースハウスブック
  ・・・素材、構造、間取りなど、実際の住まいの特徴を、お伝えします。
■ライフブック   
  ・・・実際に住まわれている方の生活から「くらしの景色」が見えてきます。

panf.jpg

2012年は、ホームページもリニューアルし、「くらしの景色」というキーワードを
大切に家造りを行ってきました。

「くらしの景色」とは、外部の眺望という意味だけではなく、
生活を彩るさまざまなシーンを「くらしの景色」と呼んでいます。

concept1.jpg

私たちは、構造・断熱などの基本性能や、職人の技能をとても大切にしています。
しかし、家造りの基本は、家族の暮らしや、そこで営まれる永い時間をより豊かにするためということを、忘れてはいけないという思いから、このキーワードが使われています。

新しいカタログセットで、その思いが伝わってくれるとうれしいです。
そして、共感していただける方、興味の湧いた方は、ぜひ、コンセプトハウスに遊びに来てください。
ご家族や私たちとのコミュニケーションの中で、それぞれの家族の思い描く「くらしの景色」が見えてくると思います。

カタログセットをご希望の方は、ホームページからお申込みいただくか、電話で直接ご連絡ください。
お電話での受け付けは、新年1月2日から行っております。

(尚、先行して、お渡ししていたコンセプトブックをすでにお持ちの方は、コンセプトブックは不要とお伝えください。)

Go to top

2012年12月25日

年末年始、営業のご案内

年末の営業は、12月25日(火)までとなります。



新年、コンセプトハウスは1/2日(水)より、営業いたします。(9:30~17:30)

(本社は、1月4日(金)より、営業いたします。)

コンセプトハウス見学のご予約、ご相談等は、フリーダイアル(0120-28-0054)または、

ホームページより、お受けいたします。


1月5日(土)、6日(日)には、新春セミナー&相談会もございます。

みなさまのご来場を、心よりお待ちいたしております。

Go to top

2012年12月24日

上棟ラッシュ

先月は静岡県内で2棟、岐阜県内で2棟、偶然にも計4棟の家が連続して棟上げするという「上棟ラッシュ」でした。
そのうちの1棟は熱海に建築中の当社大工の自邸で、他の3棟はアースデザインオフィスで手掛けている住宅です。
半年前のブログで、アースデザインオフィスでは静岡、岐阜、長野で6件のプロジェクトが進行中ということを報告しましたが、岐阜県と長野県の家が1棟ずつ竣工し、新たにまた岐阜県と長野県で設計の依頼があったため、現在も6件が動いている状況です。

それでは11月に上棟した住宅を簡単に紹介します。

1棟目は岐阜県多治見市の住宅で、来春に結婚を控えている若いカップルのお住まいです。

tajimi1.jpg
上棟から2週間が経過しているため、ご覧の通りすでに瓦が葺かれています。

tajimi2.jpg
1階天井はできるだけ2階床梁を見せるように、梁せいを大きくして天井も少し高めにしています。

tajimi3.jpg
LDKの南側(外)には柱を立てて深い庇をつくり、昔ながらの縁側空間を再現しています。

tajimi4.jpg
完成イメージはこのような感じです。
建て主の年齢は若いのですが、和瓦の重厚な屋根や1階部分の外壁を板張りにするなど、和風のデザインを身にまとったエアサイクル工法の住宅です。

2棟目は岐阜県本巣市の住宅で、子世帯+親世帯+祖母という4世代が暮らす大家族のお住まいです。

motosu1.jpg
61.7坪と建物が大きく、いつもと勝手の違う造り方ということもあって上棟に数日を要しました。

motosu2.jpg
施工会社の社員でもある建て主は、間取り、素材、デザインに加えて、気密・断熱性能にもこだわっていて、壁も天井も寒冷地仕様の断熱性を実現しています。そのため柱はほとんど隠れてしまいますが、木ズリに土を塗って漆喰で仕上げるという本格的な左官仕上げも見どころです。

motosu3.jpg
小屋組みには登り梁を採用しています。斜めに架かる登り梁と水平の棟木や桁に何気なく火打ち梁が入っていますが、これはかなり面倒な仕事だと思います。

motosu4.jpg
完成イメージはこのような感じです。
南面する2階建ての部分に、2つの下屋が突き出す形で中庭を囲んでいて瓦葺きの落ち着いた佇まいです。引越しや既存住宅の解体もあって基本設計からすでに1年、完成までさらに1年近くかかる住宅です。

3棟目は静岡県静岡市(旧清水市)の住宅で、夫婦+子供1人との打合せでしたが、間もなく第2子が誕生する4人家族のお住まいです。ご主人が使う予定の部屋は思ったより早く子供に取られてしまいます(笑)

simizu1.jpg
敷地のすぐ裏が静岡鉄道の軌道敷きで、部屋の窓から電車が走っているのを眺められます。編成が短いので意外に音は気になりません。

simizu2.jpg
敷地の間口が狭く両隣りの家に挟まれるような環境のため、2階リビングを提案し、登り梁を中央に架けた大らかな空間をつくりました。屋根の頂点をずらすことでLDKと連続するロフトも生まれました。

simizu3.jpg
ロフトの窓から首を出すと東の方角に富士山がよく見えます。私たちが目にする東からの富士ではなく、西からの富士です。現場では、屋根の上に富士見台をつくりたいね、という話が出ていました。

simizu4.jpg
完成イメージはこのような感じです。
建物巾の狭い方ではなく長い方に勾配屋根を向けているため、軒先の水平線だけが目につくすっきりした印象の外観です。
建て主は左官職人で、この家の漆喰を塗るのは勿論のこと、大工をはじめとする仲間の職人たちと「自分たちの家づくり」を展開しようとしています。この家は、そのモデルハウスとしての意味をもつ住宅です。

4棟目は静岡県熱海市の住宅で、当社で活躍してくれている大工とその家族のお住まいです。

atami1.jpg
家の規模は小さめですがあえて総2階にはせず、上の屋根と下の屋根で建物に陰影をつくろうという大工こだわりの外観です。屋根の上からは海が見えるそうですが、残念ながら2階からは見えません。

atami2.jpg
大工の手刻みによる架構です。見せ場には追っ掛け大栓継ぎ、台持ち継ぎといった手刻みならではの継手が見られます。自分の家を「自分の手で造る」という感覚は最高でしょうね。

atami3.jpg
LDKと和室の交点であり建物の中心には、桧の大黒柱があります。太い梁が交差する「四方差し」の部分なので、6寸の大黒柱は意匠の面だけでなく構造的にも大きな意味を持っています。

atami4.jpg
建て主であり大工の杉山棟梁です。男前ですね(笑)
普段の仕事では、建て主や設計者の意図を確認するための電話がかかってきますが、今回は自分で考える時間が長くなっているようです。違い棚のある床脇を設けたり、長押を回す本格的な和室の造作など、私も完成を楽しみにしています。

岸 未希亜

Go to top

2012年12月23日

木工事

IMG_7475 mokkouji.jpg

内側にはエアサイクル独自のダイアカットが見えます。この溝があることで壁の中が密閉されず、空気が循環し、温度・湿度を調整します。

真壁の場合柱の一部分が現しになります、お引き渡しまで汚れないように専用の養生材で保護します。

Go to top

2012年12月22日

外壁

MYH1222.jpg

サッシ枠の周りを防水気密テープで塞ぎます。折角のエアサイクルも、部材間や貫通部に隙間ができてしまうと、うまく機能しません。
すべての隙間を発砲ウレタンや防水気密テープで塞いでいきます。

Go to top

2012年12月22日

外壁下地

YYM121222.jpg
外壁側の断熱材の上には無塗装サイディングをはります。きれいな仕上がりになるように、吹き付け塗装の前に、ジョイント部分は平滑になるように下地処理をします。

Go to top

2012年12月21日

屋根

屋根断熱材「シャルーフ」の上から野地板(屋根の下地になる板)を張っていきます。
MMK121221.jpg

Go to top

2012年12月20日

コンセプトハウス 冬の装い

スタッフのKです。
寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は、クリスマス・お正月に向けて、少し装いを新たにしたコンセプトハウスをご紹介します!

panelimg1.jpg
窓にシールを貼ってみました。

こちらの商品は、神奈川エコハウス一押しのファブリックメーカー「クリエーション・バウマン」の「GECKO IN THE BOX」です。
以前ブログでもご紹介し、1階洗面室に貼っていますが、今回は新シリーズの物を期間限定で貼ってみました。
panelimg3.jpg
1種類目は、「X-MAS DECO」です。水風船の様な、クリスマス飾りの様な、かわいらしい絵柄です。
panelimg4.jpg
2種類目は、「X-MAS」。こちらは、王道のモチーフですね。大きさやデザインがバラバラなので、まとめて貼ると可愛さ倍増です。

この商品は、和紙の様な風合いで単色なので、上品にまとまります。特に粘着テープが付いている訳ではないので、窓も汚れずお勧めです!
20ピース前後で¥6,510(税込)です。
HPはこちら。 http://www.creationbaumann.jp/
良ろしければご覧ください。

panelimg2.jpg
お花屋 花惣 さんが活けて下さるお花も季節を感じる組合せです。
また、庭の木々や、裏玄関に掛けているタペストリーに付いている天然木片にも冬の寒さを感じることができます。
木片が乾燥で少し丸まっています。おもしろいですよね!
こちらも以前ご紹介した通り、クリエーション・バウマンさんの物です。 

日も早く落ち、寒さが身に染みる毎日ですが、だからこそ感じる自然の美しさに日々癒されています。

皆様もお体に気を付けて、そして冬ならではの楽しみを見つけて心温かくお過ごし下さい。 

コンセプトハウスの開場予定は、年末は12月25日まで、年始は1月2日からとなっています。
ご来場頂いた方には、先着順でご紹介したシール(1ピースずつですが・・)や簡単な粗品を用意しております。是非お出掛け下さい。
1月5日6日13日に開催されるセミナーも要チェックですよ!
奮ってご参加ください!お待ちしております!

panelimg5.jpg

Go to top

2012年12月20日

上棟

いよいよ上棟です。
この日は大工たちが朝早くから集結して、これらの木材を組み上げていきます。
MMK121220.jpg
1階が立ち上がり、2階の床に取り掛かります。2階の床は構造的にとても重要です。当社では 90cm角に下地を組み、厚床を張ることで、剛床という強い床を造っています。
MMK121220-2.jpg
2階を立ち上げていきます。
panelimgMMK121220.jpg
無事、棟上げ完了。家の形が見えてきました。
MMK121220-5.jpg

Go to top

2012年12月20日

木工事

MYH1220.jpg

内側から見るとエアサイクル独自のダイアカットがよくわかります。
断熱材の室内側にはダイヤカットの通気層があります。この溝があることで壁の中が密閉されず、空気が循環し、温度・湿度を調整します。

Go to top

2012年12月19日

土台敷き

上棟前に土台を敷きます。
上部構造すべてに影響してしまうので、レベルを確認し、ミリ単位で高さ調整を行います。
IMG_75090001.jpg

Go to top

2012年12月19日

木工事

MIK1219.jpg

小屋裏収納の壁と天井には、桐の板が貼られました。外部は、スタッコフレックスの吹き付けが終わり、足場が解体されました。

Go to top

2012年12月18日

KBA1218.jpg

1階の窓にガルバ板金の庇が付きました。

Go to top

2012年12月17日

仕上げ工事

THO1217.jpg
リビングのかべには、漆喰が塗られ、傷や汚れが付かないよう保護していた青い養生シートも徐々に外されてきました。

Go to top