loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2013年03月

2013年03月29日

外観

MYH0329.jpg

外壁は、セラミソフトリシン吹き付けの部分と、桧板張りの部分とあります。板張り部分がアクセントになって、おしゃれな仕上がりになりました。

Go to top

2013年03月29日

仕上げ工事

2階の階段ホールです。
格子手摺の奥右手に見えるのが階段、手摺の手前は板が敷いてありますが、完成時には取り払われて吹き抜けとなります。
2階に入る太陽の光を、吹き抜けを通して1階のLDKへ、そして格子手摺を通して階段室にも届けます。
MMK130329.jpg

Go to top

2013年03月29日

モルタル塗り

モルタル.jpg

先日のラス網に、モルタルを塗っていきます。

Go to top

2013年03月28日

遣り方

遣り方.jpg

建物の正確な高さを決めるための遣り方作業は、
基礎の高さや水平位置の基準となる木枠を基礎の外周に回します。
木杭の横に渡す水貫と呼ばれる板で高さをそろえて固定し、
この板に基礎位置の印を付けます。
これからの工事のすべての基準となるので慎重に作業を行います。

Go to top

2013年03月28日

外壁下地

外壁下地となるサイディング板をはっていきます。この上から吹き付け塗装で仕上げます。
panelimgITU130328.jpg

Go to top

2013年03月27日

地鎮祭

地鎮祭.jpg

地鎮祭を執り行いました。
神主さんのお祓いから始まり、土地に鍬・鋤・鎌を入れ、参列者一同が拝礼し、
工事の無事や安全、建物や家族の繁栄を祈願します。

Go to top

2013年03月27日

木工事

プラスター.jpg


壁には、石膏ボードが貼られました。
柱と天井と壁がみえてきて、お部屋の形がわかるようになりました。

Go to top

2013年03月27日

木工事

造作カウンター.jpg

木工事が順調に進んでいます。

これは対面キッチン設置部分の造作壁兼カウンターです。

Go to top

2013年03月27日

木工事

ダクト.jpg

もうすぐ天井が仕上がります。

LOCO-HOUSEの特徴は、梁が見えていること。
ですが、レンジフードのダクトが通る部分は、
平らな天井仕上げになります。
ですので、
写真のダクトは隠れます。ご安心下さい。
(お店とかはむきだしになってるところもありますけどね)

Go to top

2013年03月24日

建築写真展「日本の民家」

先日、新橋のパナソニック汐留ミュージアムまで行ってきました。開催されていたのは「日本の民家一九九五年」と題された写真展で、写真家・二川幸夫氏が若い頃に日本中を歩いて撮影した様々な「民家」が展示されていました。

民家パンフ.jpg

展示されている写真については、チラシの紹介文から引用します。

「1957年から1959年にかけて発行された『日本の民家』全10巻は、日本が国際的な経済発展に向けて飛躍しようとしていた頃に、あえて民家の最後の美しさにカメラを向けて、世間を瞠目させました。大地とつながる民家の力強さ、そしてそこに蓄積された民衆の働きと知恵をとらえた280点のモノクロ写真は、現在、国際的に高く評価される二川幸夫が20歳前後に撮影したものです。」

「民家」というのは、貴族や武家の住宅と対立する概念として農民、職人、商人、漁師など庶民の住まいのことを指しています。
昔の住まいである「民家」は職住一体の併用住宅であったため、厩(うまや:馬小屋)と一体の「曲り屋」と呼ばれる民家があったり、養蚕のために茅葺き屋根の小屋裏に光や風を採り入れる工夫をした「合掌造り」「かぶと造り」「突き上げ屋根」など、その形態(外観)に大きな特徴が現われるのが面白いところです。

また地域性、風土性の影響も大きく、山間部の民家では手に入れやすい板で屋根を葺いて石を置いて押さえた「板葺き」が見られますし、家が密集する京都や奈良の町家では、防火対策として外壁や軒裏を漆喰で塗り回す「塗り屋造り」が見られます。

民家写真.jpg

この写真は、豊後水道に面した愛媛県南端の外泊という傾斜地の集落ですが、台風の通り道で強風を受けることが多いため、家の前に石垣を築いたり屋根瓦を漆喰で塗り固めたりしています。まさに風土性を宿した「大地とつながる」姿で、モノクロ写真の迫力もあって大きな感動を覚えます。

展覧会は2013年1月12日から3月24日まで開催されましたが、その会期中である3月5に二川幸夫さんは亡くなられました。開会直後の記念講演会にも元気な姿を見せたおられたようですが、世界中を旅して名建築を追い続けてこられた偉大な写真家の死を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

岸 未希亜

Go to top

2013年03月23日

仕上げ工事

JNT323.jpg

壁の白い部分は、パテです。壁を仕上げる前に石膏ボードの目地をパテで埋め、段差をなくし、平滑な下地を作ります。

Go to top

2013年03月23日

ラス

130323.jpg

外壁の下地作りが始まりました。
これは「ラス」といってモルタルを付着させるために用いる金属でできた網状のものです。

Go to top

2013年03月22日

木工事

MYH0322.jpg

階段に杉の縦格子の手摺りが付きました。一本一本長さを調節し綺麗な直線になっています。

Go to top

2013年03月22日

現場調査

松下邸現調.jpg

現場の調査を行ないました。

Go to top

2013年03月21日

外観

外壁の塗装が終わりました。
MMK130321.jpg

Go to top

2013年03月19日

地盤調査

kMN0319.jpg

地盤の性質(支持力、土質等)の把握などを目的とし、地盤を調査します。

Go to top

2013年03月19日

造作家具

MYH0319.jpg

キッチン周りの棚や、TV台、本棚など、造作家具が出来上がってきました。大工がお客様のご要望に応えて、一つ一つ丁寧に作っていきます。

Go to top

2013年03月19日

エアオープナー

写真の右上に見える四角いボックスがエアオープナーです。
夏は開いて小屋裏(エアサイクル層)にたまりこむ熱気を排熱し、冬は閉じ小屋裏(エアサイクル層)の保温効果を高めます 。開閉は室内からスイッチひとつで操作可能です。
ITU130319.jpg

Go to top

2013年03月18日

ユニットバス

009.jpg

ユニットバスを設置しました。
廻りをふさぐ前の木工事前半に行います。

Go to top

2013年03月18日

バルコニー防水

バルコニー工事.jpg

ベランダに防水処理を行いました。

Go to top