loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2015年12月

2015年12月29日

桂二さん

2015年はいろいろな出来事がありました。これまでにないスケールの大きな住宅や、ギャラリーの計画もありました。2年近く当社のことを見てくださっていたお客様と結ばれたかと思えば、一目で気に入ってくださってトントン拍子で進んだお客様もいました。
アースデザインオフィスの仕事としては、昨年始まった山梨での木造学校の後半があり、長野では住宅とお寺の庫裏の計画がありました。エアサイクル工法を使ったモデル住宅の設計も大きなプロジェクトでした。

これだけの幅広い仕事をさせていただけるようになったのも、私が師事した建築家・吉田桂二(よしだけいじ:弟子は親しみを込めて「桂二さん」と呼びます)のお陰であり、感謝してもしきれないぐらいです。

その桂二さんが今月、帰らぬ人になりました。享年85歳でした。

私が桂二さんの存在を知ったのは1992年、大学3年生の時です。キッカケは大学図書館で見つけた1冊の本でした。

kei1.jpg

そこには、ペンで細かく描かれた日本の町並みや民家があり、町並み保存の仕事があり、民家や数寄屋のような日本の伝統的住宅を彷彿とさせる、現代住宅の設計事例が紹介されていました。
大学の建築教育では知ることのできない世界が広がっていて、初めて目にした時に「これだーっ」と思った記憶があります。

kei2.jpgkei3.jpg

大学4年生になると、卒業論文を書くために研究室を選ぶ訳ですが、その少し前に桂二さんの存在を知ったことは幸運でした。
私はもっと民家を学ぼうと考え、建築史研究室にお世話になります。大学4年から大学院1年にかけての2年間で自分なりに勉強を重ね、大学院2年の春に初めて桂二さんの元を訪ねました。

コネもなく、アルバイトで顔を売っていた訳でもなく、毎年採用があるかも分からない小さな設計事務所(と言っても当時は25人ほどいて大所帯)に普通に就職活動をした稀有なケースでした。
しかも会社は桂二さんの個人事務所ではなく、共同設計を掲げて4人で設立した会社(連合設計社市谷建築事務所)だったことを初めて知り、4人の面接を受けて生きた心地がしませんでした(笑)

それでも、所員が辞めたばかりだったこともあり、私は採用されました。本当に運が良かったと思います。

事務所に在籍したのは13年4ヶ月。長いようであっという間だった気がします。
初めは当然ながら下働きですが、初めて桂二さんの仕事に触らせてもらった「古河文学館(茨城県古河市)」や、「坂本善三美術館(熊本県小国町)」の駐車場に建築した「公衆便所」に携われた時はワクワクしたのを覚えています。
初めて桂二さんが設計する住宅の担当になったのは、藤沢市片瀬山の住宅(竣工1998年)でした。

kei4.jpg

この家は、神奈川エコハウス(当時は神奈川エアサイクル住宅)が桂二さんに建て主を紹介して実現したもので、神奈川エコハウスにとっては桂二さんに設計してもらった8棟目の住宅であり、最後の作品です。
それ以前から桂二さんは、PACというエアサイクルグループで会員工務店の指導や、ユーザー向けのセミナーをしていたのですが、当社も多大な影響を受けたそうです。
そして年に1棟ぐらいのペースで設計をお願いし、遂に8棟を実現。桂二さんの設計した家を1社で8棟も施工している会社は稀有で、当社はこの経験を生かして自社設計の腕を磨いていきます。

そんな訳で、桂二さんは神奈川エコハウスにとっても師匠と呼べる存在なのです。ちなみに、内弟子以上に桂二さんを慕う外弟子は日本じゅうに多くいます。

私の方はその後、住宅の設計監理だけでなく記念館の設計監理をする機会もいただき、後年は地域工務店とのコラボで、漸く基本設計(プランニング)の経験も積めるようになりました。そして桂二さんが主宰する木造建築学校の講師を務めたことで、プランニングが上達し、人前での講義も臆することなくできるようになりました。全て、今日の仕事に生かされており、本当にありがたいと思います。

2009年、そんな私が神奈川エコハウスに入社しました。展示場の閉鎖による新しいモデルハウスの設計依頼がキッカケだったのは偶然の産物ですが、桂二さんの敷いたレールの上を走っているような気もして不思議な感じがします。

師が去ってしまった2016年、桂二さんの志を継ぐ他の弟子とともに、後世に永く残っていく普遍性の高い「日本の家」をつくっていきたいと思います。

岸 未希亜

Go to top

2015年12月29日

地縄張り

TMI1229.jpg

敷地に計画建物の外壁、間仕切りラインに縄を張り、その位置についてお施主様と確認します。

Go to top

2015年12月28日

玄関ポーチ土間コン打設

TUS-1228.jpg

玄関ポーチの土間コンクリートを打設しました。後日、土間コンの型枠を解体すれば、基礎工事は終了です。
引き続き大工の木工事へと入っていきます。

Go to top

2015年12月26日

屋根

TNH1226.jpg

屋根はガルバリウム鋼板の瓦棒葺きです。ガルバリウム鋼板は通常の鋼板に比べ3~6倍の耐久性を誇ります。瓦棒葺きは、すっきりとしていてシンプルなデザインを好むお客様に好評です。


Go to top

2015年12月26日

コンクリート打設

ICT1226.jpg


まずはコンクリートの品質検査です。 スランプ値(柔らかさ)、空気量、塩化物量を測り、強度試験用のテストピースを作製します。
品質検査が終わったらいよいよ打設です。コンクリートをバイブレータで振動を与えながら流し込んでいきます。バイブレータで、振動を与えることによって、隅々までしっかりとコンクリートが充填されます。また、コンクリート密度を高め不要な混入空気を除去し、骨材が均等に分布することで、強度が高く かつきれいなコンクリートとなります。

Go to top

2015年12月25日

設備配管

TUS-1225.jpg

建物の外部の設備配管を施工します。土を掘る作業になるので、建物ができた後行うと、やりにくかったり、外壁を汚すことになるので、そうならないよう基礎がほぼできた段階で施工します。

Go to top

2015年12月25日

鎌倉市 A邸

IMG_7915.JPG

Go to top

2015年12月25日

配筋検査

ICT1225C.jpg

ICT1225B.jpg

基礎配筋検査を行いました。鉄筋径、鉄筋間隔、かぶり厚、定着、対角長さなど設計図書との整合性を確認していきます。隠れた部分のしっかりとした配筋を見て頂けると、安心感があります。

Go to top

2015年12月25日

木工事

MTS1225.jpg

天井や壁に石膏ボードが貼られました。ボードを貼るまでは視線が抜けてしまうので、なかなか壁や天井をイメージできませんが、ここまで来ると随分部屋らしくなってきます。

Go to top

2015年12月24日

CP型枠化粧ブロック

HRN-1224.jpg

土留め擁壁となるCP型枠化粧ブロックを途中まで積みました。まだ鉄筋が隠れるところまで、ブロックを積み足します。そして、ブロックの空隙部にコンクリートを流し込んで、擁壁が完成します。

Go to top

2015年12月23日

上棟

TNH1223A.jpg

左:いよいよ上棟です。いつものメンバーの大工達が抜群のチームワークで、下階から順番に柱、梁を組み上げて最後に棟木を取り付けます。
右:91cm角に格子を組んで厚床下地を張り、2階の床を固めます。この作り方を剛床(ごうしょう)といい、建物の強度にとって大切なポイントです。

TNH1223C.jpg

左:これが剛床です。2階床の梁組みに強度の高い厚板を張ることで、構造的に強固になります。
右:小屋組みの最後は、棟木から桁にかけて垂木をかけます。

TNH1223B.jpg

左:エアサイクルオリジナルの屋根断熱材「シャルーフ」を張ります。シャルーフは屋根の野地板との間に通気層を形成し、遮熱性能を向上させた断熱材です。
右:野地板の上に、軒先と平行にアスファルトルーフィングを敷きこみます。破れにくく、防水性のよい改質アスファルトルーフィングを使用しています。

Go to top

2015年12月22日

外壁

MTS1222.jpg

外壁は、スタッコフッレクス吹き付け仕上げです。
スタッコフレックスが持つ伸縮性能により、従来の塗り壁材で発生していたクラックの問題を最小限に抑えることができる、超弾性塗り壁材です。純白で不純物を含まないカルシウムサンドの骨材と、弾性アクリルエマルジョンの配合により耐久性を高めている塗装材です。

Go to top

2015年12月22日

手刻み

TMI1222.jpg

基礎工事の着工に先立ち、構造材の手刻みが行われています。「手刻み」とは、構造材の接合部分をのこぎりやのみなどの道具を使って加工することです。最近はほとんど工場加工のプレカットが主流ですが、大工の伝統技術を後世に残していくためにも、定期的に手刻みの加工を行っています。木の具合や質・木の組み方・木のサイズ・仕口の加工は、それぞれ別な要素ではなくそれぞれが関連していて、全ての要素が最大限に活かされるように組み合わせ加工していくことで長持ちする骨組み・構造ができあがります。

Go to top

2015年12月21日

擁壁底盤配筋

HRN-1221.jpg

土留め擁壁(CP型枠化粧ブロック)となる部分の底盤に配筋を行いました。

Go to top

2015年12月21日

基礎立上りコン打設

TUS-1221.jpg

基礎立上りのコンクリートを打設します。
この立上りを水平にコンクリートで成形するため、あらかじめ高さの目印となるポイントをある程度の間隔で設置しています。コンクリートを流し込む職人はそのポイントまで流し込み、別の職人がコテでポイントに合わせて水平に均します。さらにその後、セルフレべリングというセメント系の材料を表面に流し込んで水平に仕上げます。

Go to top

2015年12月21日

遣り方・根切り

ICT1221.jpg

基礎工事の初めは、遣り方です。基礎の外周に水杭や水貫と呼ばれる木枠を設けて、高さや水平位置の基準を作ります。次に根切りを行います。建物の外周部、内周部をショベルカーなどを使い、(現場の通称は、「ユンボ」)地盤をGLより掘り下げ、平らに仕上げます。
地中に基礎をつくるために地表面の土を取り除き掘り下げる作業です。

Go to top

2015年12月20日

信州の町並み2 海野宿

4月下旬のブログで「長野県との縁が深い私ですので、今回から信州の町並みを少しずつ紹介していきたいと思います」と書きました。あれから8ヶ月が経ち、漸く第二弾をお届けする余裕が生まれました(笑)
すっかり忘れてしまった方は、第一弾の「稲荷山:千曲市」をご覧ください。 

今日紹介するのは「海野宿(うんのじゅく)」です。海野宿は、全長約650mもある町並みの中に、「宿場町」「養蚕町」という2つの顔をもっています。

unno01.jpg

一つ目は北国街道の宿場町としての顔です。
江戸と京都を結ぶ街道のうち「中山道」は、碓氷峠や和田峠、木曽の山中などの険しい道が多い反面、東海道のように大河を渡る(渡し賃がかかる/大雨で川止めを食らう)必要がないという利点から、利用する旅人が多かったそうです。また、中山道から分岐して日本海側へ至る脇街道が幾つもあり、北国と江戸・京都を結ぶ役割も果たしていました。

unno02.jpg

そのような脇街道の一つである北国街道(北国脇往還、善光寺街道とも呼ばれる)は、中山道20番目の追分宿から分岐して善光寺(長野市)を経由し、越後(新潟県)の直江津で北陸道に合流します。
追分宿(軽井沢町)を出ると、小諸宿(小諸市)―田中宿・海野宿(東御市)―上田宿(上田市)と続くのですが、海野宿は元来、田中宿と上田宿の「間(あい)の宿」で、問屋だけが置かれ伝馬の仕事を行っていました。しかし寛保2(1742)年、千曲川の氾濫で田中宿が壊滅状態に陥ったことにより、本陣が海野に移されて正規の宿場になります。佐渡で採れた金の輸送、参勤交代で通る北陸大名の往来、善光寺への参詣客などで、北国街道の宿場は大いに賑わったそうです。

旧北国街道と国道18号線は、重なる部分や並行する部分が多いので交通量も多くなり、小諸や上田には古い建物は僅かしか残っていません。それに対して海野宿は、バイパス道路から外れたことが幸いし、重要伝統的建造物群保存地区に選定されるだけの立派な町並みが残りました。

unno03.jpg

海野宿の小諸側(東側)には神社があり、樹齢700年と言われる欅の大木が旅人を迎えます。道は境内に沿って大きく右に回り込み、そこから道路が広くなります。

unno04.jpg 道の奥に見えるのが神社の大木

中央付近を流れる水路と柳の並木が、道を2つ(車道と歩道)に分ける格好になっているのですが、往還と呼ばれた北側の広い道を参勤交代の大名が通り、日陰側と呼ばれた南側の道は、馬をつないだり荷を置いたりしていたそうです。この水路と柳並木を見れば、ここが「海野宿」だと分かるぐらい特徴的な景観です。

建ち並ぶ家を見てみると、家の造りが一様ではないことに気付きます。

unno05.jpg 右手前が出桁造りの旅籠。奥の家には立派な卯建が出ている

unno06.jpg

切妻屋根の「平入り」、天井高さを抑えた「つし二階」、2階がせり出して1階よりも少し前に出ている「出桁造り」は中山道の旅籠(はたご)がもつ特徴で、宿場町の名残りです。出桁造りは少しでも2階を広く使おうとした工夫であり、旅人の雨宿りにも有効でした。家の両端に「卯建(うだつ)」のある家も見られます。

もう一方は、2階屋根の上に小さな屋根を載せている家です。

unno07.jpg 左手前が煙抜きの越屋根をもつ家。その奥は出桁造り

こちらは出桁造りと違って背の高い2階建てで、外壁を漆喰で塗り込めた「塗屋造り」の家が多く見られます。煙出しの越屋根が特徴で、これが養蚕町として繁栄した海野宿の二つ目の顔です。

unno08.jpg 元は茅葺き屋根の家も養蚕のための越屋根をもつ

明治21(1888)年に国鉄信越線(現:しなの鉄道)が開通すると、宿場はたちまち衰退しましたが、それを救ったのが養蚕種紙の生産でした。繭をつくって中で蛹(さなぎ)になった蚕は、そのまま出荷されて製糸工場で捨てられてしまうため、養蚕農家は毎年、養蚕種紙を買って蚕を育てます。
海野宿では、宿場の大部屋を蚕室にして養蚕種紙を生産していましたが、その品質の良さが評判になって宿場全体が潤いました。この時に多くの旅籠が種紙生産に適した家に建て替えられたようで、豪壮な「卯建(うだつ)」が造られた家もあり、往時の繁栄が偲ばれます。

鉄道敷設によって宿場町が廃れた後、強かに復活する様は、同じ北国街道の「稲荷山」と重なり、たいへん興味深いですね。

unno09.jpg

水路の清流と柳並木が潤いを与える海野宿は、観光客も少なく、往時の姿をよく止めた静かな町です。NHK大河ドラマ「真田丸」が始まると、上田市周辺に観光客が溢れると思いますので、静かな町並みを堪能するなら今のうちです(笑)
宿場の顔と養蚕の顔を見分けに、ぜひ訪ねてみてください。

岸 未希亜

Go to top

2015年12月18日

土台敷き

TNH1218.jpg

上棟前に土台を敷きます。土台は上部構造すべてに影響するので、レベル(水平)を確認し、ミリ単位で高さ調整を行います。そして腐れや虫に強く、耐久性のあるヒノキを使用しています。

Go to top

2015年12月18日

基礎底盤コン打設

TUS-1218.jpg

基礎底盤のコンクリートを打設します。バイブ(振動機)を使って、コンクリートがしっかり鉄筋の裏側や隅々まで行き渡るようにしながら、打設していきます。

Go to top

2015年12月17日

配筋検査

TUS-1217.jpg

基礎配筋検査を行いました。鉄筋径、かぶり厚、定着、対角長さなど設計図書との整合性を確認していきます。かぶり厚、鉄筋定着寸法を厳しい目でチェックします。

Go to top