loading

  1. home
  2. ブログ
  3. 2017年06月

2017年06月30日

地縄張り

0630地縄0002.jpg
地縄とは、建物が敷地に対してどの様に建てられるのかを、確認する作業です。敷地内の建物が建つ部分の外周部分に縄を張り、目で確認できるようにします。

Go to top

2017年06月30日

1年越しの作庭

昨夏に竣工した「敷地に馴染む「くの字」の家」が引き渡しから1年になり、1年点検に同行しました。竣工時、外構は主にカーポートとアプローチの工事にとどめ、庭は殺風景でしたが、庭師の藤木さんと建て主がじっくり計画を練って、約1年後の今月に南側の庭が姿を現わしました。

o-niwa1.jpg
o-niwa2.jpg

道路が緩い坂になっているため、東側では敷地と道路の高低差はほとんどありませんが、南面は敷地が一段高くなっているので土留めが必要です。それをコンクリートやブロックで造るのが一般的ですが、自然石の石積みにすることで表情が全く変わりますね。使われているのは神奈川県の根府川石です。

これは、玄関アプローチから見た庭です。

o-niwa3.jpg

ポーチの前にシンボルツリーの百日紅(さるすべり)があって、庭の木々が遠くに見えるので遠近感が強調されています。家の中は見えないように格子壁で目隠しをしつつ、お庭は近所の人にも楽しんでもらおう、という住まい手の心が感じられます。外構や家の外観は、否が応でも近所の目に触れるので、自分だけのものと考えるのではなく、周りへの思いやりも大切ですし、住環境を整える責任もあると思います。
実際に、近所の人や散歩で前を歩く人からも大好評とのことで、藤木さんは早速お庭の仕事をいただいたとか(笑)。ショールームならぬショーガーデンといったところですね。

雑木と芝を組み合わせた庭の一角に、家庭菜園のスペースも用意されています。敷地の高低差を活かしながら大小さまざまな木が植えられ、家の平面が「くの字」になっていることもあって、庭の見え方も平面的ではなく奥行きが感じられました。

o-niwa4.jpg
o-niwa5.jpg

家の中から見ると、これはもう絶景です。リビング、ダイニング、キッチン、和室、子供部屋、浴室のどこからでも景色を楽しめます。特に、ダイニングに座ってお茶やコーヒーを飲めば、カフェに行くよりも全然気持ち良く過ごせそうですし、ここで食べる食事も最高だと思います。

o-niwa6.jpg

奥様に話を聞くと、庭が出来るまでは道路からの視線をまともに受けるので、常にブラインドを下げて暮らしていたそうです。今でも、室内からは歩いている人の姿が目に入るのですが、昼間は外から室内はほとんど見えません。「これからはブラインドを上げても問題ないですよ」と言うと、奥様も外から家を見て確認していました(笑)

岸 未希亜

Go to top

2017年06月29日

吹抜け施工

吹抜け廻りは2階から1階にかけて、壁のボードや階段廻りのボードも施工され、だいぶ仕上がってきました。
GKO170629-1s.jpg
GKO170629-2s.jpg

Go to top

2017年06月29日

外壁工事

0629外壁0001.jpg
大工の内部工事と並行して外部壁面の工事を進めています。外壁仕上げのスタッコフレックス吹付け前に、下地処理を行います。
無塗装サイディング(外壁下地)のジョイント部分をパテで平滑に仕上げます。吹き付けは、下地の良否が仕上げに出るので、不陸、ひび割れ、亀裂などないか、しっかりチェックします。また、窓がビニールで覆われているのが見えますが、これは外壁以外にスタッコフレックスが付かないよう養生しています。

Go to top

2017年06月29日

完成

■リビング・ダイニング
IMG_3057-20002.jpg

IMG_3036-20001.jpg 

■キッチン
IMG_3064-20001.jpg

■スタディーコーナー
IMG_30490004.jpg

■ゲストルーム
IMG_30200001.jpg

■トイレ
IMG_30080002.jpg

Go to top

2017年06月29日

埋設配管

0629配管0001.jpg
基礎が出来上がり、周囲に土を埋戻しする前に排水管を埋設します。排水には汚水、雑排水、雨水があり、排水管はこれらの各排水を単独または合流して公共下水道管へ放流します。

Go to top

2017年06月28日

キッチン

0628キッチン0004.jpg
大工工事の終盤にキッチンが施工されます。施工後はすぐに保護の養生を行います。窓側にありますキッチンカウンターと収納棚は、神奈川県産の杉と桧でつくった大工造作のものです。

Go to top

2017年06月28日

木工事

06280001.jpg
石膏ボードが張られると随分部屋らしくなり、暮らしをイメージしやすくなってきました。ウォークインクローゼットにも棚が付きました。

Go to top

2017年06月27日

捨てコンクリート打設

s_IMG_1349.JPG

捨てコンクリートとは、基礎コンクリートを作る前に先行して打設するコンクリートのことです。捨てコンクリートの役割は、防湿シートの保護や基準となる平らな面をつくることで、コンクリート型枠の精度も良くなります。

Go to top

2017年06月27日

外壁工事が始まります

s_IMG_1361.JPG

外壁工事(サイディング)が始まりました!
サイディング下の空気の流れ道(通気層)を取るための施工をしております。

s_IMG_1360.JPG

通気層を取るためには胴縁という部材を貼ります。雨水が侵入しても、通気層から外部に排出されますし、サイディング裏の熱や湿気を排出する役割も果たします。

Go to top

2017年06月26日

玄関

0626玄関0001.jpg
玄関ポーチには300角の黒ミカゲ石を敷きました。共通のアプローチ・玄関ポーチから、通常の玄関とゲストルーム用の玄関に分かれます。

Go to top

2017年06月25日

大人の修学旅行2017前篇

昨年に続き、神奈川エコハウスと共に家づくりをしてくれている職人さんと小旅行をして来ました。昼は歴史的建造物を見て回り、夜は飲み会を行う大人の修学旅行です。
昨年は岐阜県と愛知県に遠征しましたが、今年は千葉県、茨城県という近場が選ばれました。私は藤沢に来る前、東京メトロ東西線沿線に住んでいたため、千葉県でも浦安、船橋といった辺りは馴染みがありますが、上総、下総の文化に触れた機会はほとんどありません。茨城県では古河市、つくば市に縁があった以外、サッカーの試合で水海道市、神栖市を訪れたぐらいで、同じ関東でありながら、両県について意外と知りません。

朝早く出発して、都内から東関東自動車道に入り、成田を通り過ぎて利根川のすぐ手前にある佐原香取ICで高速道路を下り、最初に訪れたのが古い町並みが残る「佐原(さわら)」です。

sawara1.jpg

佐原は今から21年前の1996年(平成8年)に、43番目の重要伝統的建造物群保存地区(以下、重伝建地区)に選定されました。重伝建地区は毎年その数を増やし、2017年6月現在、全国に114地区もあるのですが、関東には6つしかなく、佐原はその中で最古参の町並みです。

佐原は利根川河口に面した河港問屋町として発展しました。太平洋沿岸を北からやって来る船は、房総半島の南側を大回りするよりも、銚子港を経て佐原に入り、ここで川船に荷を積み替えて、利根川から江戸川を経て江戸に物資を運びました。そのため、利根川に注ぐ小野川に沿って問屋の家や蔵が並び、護岸の一部がところどころ切り取られて、「だし」と呼ばれる荷の積み出し場があります。
大きくうねる運河のような小野川と「だし」のある景観が「佐原」の特徴で、現在、テレビで流れている大同生命のCM(女優の波瑠が出演)は佐原で撮影されています。

sawara2.jpg
sawara3.jpg
sawara4.jpg
sawara5.jpg

香取神宮の門前に至る香取街道の両側にも古い家が残っていますが、車の往来が激しいため、ここはゆっくり撮影することができません。

sawara6.jpg

香取街道と小野川が交差する所に「伊能忠敬」にちなんだ「忠敬橋」が架かっています。江戸時代に全国の海岸線を測量し、わが国初の実測日本地図をつくった伊能忠敬は、佐原の伊能家の婿養子になって家業を再興した後に隠居し、50歳を過ぎてから測量の道へ進んだそうです。そんな訳で、町の中にある伊能忠敬旧宅や伊能忠敬記念館も見どころです。
その旧宅の前に、橋の下から水が流れ落ちる「樋橋」がありました。江戸時代から300年近く農業用水を送り続けた大樋の名残で、その音を再現するために30分間隔で水が流れ落ちるのですが、非常に面白い光景でした。

sawara7.jpg

テレビCMに使われるような町並みが今日まで残っているのも、江戸時代から明治にかけての繁栄が大きなものだったことを物語ります。それにしても観光客が想像以上に多くて驚きました。

次に「東国三社」と呼ばれる、香取神宮、息栖(いきす)神社、鹿島神宮を回りました。
香取神宮、鹿島神宮の創建は非常に古く、神武天皇年代(紀元前7世紀)と伝えられ、平安時代に「神宮」の称号で呼ばれていたのは、伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮の三社だけだそうです。息栖神社は古くから「東国三社」と称されましたが、地理的な関係から鹿島神宮の摂社(本社に付属し、その祭神と縁の深い神を祭った社)とみなされていたそうです。

katorij1.jpg 香取神宮
katorij2.jpg 香取神宮拝殿
ikisuj1.jpg 息栖神社
ikisuj2.jpg 息栖神社拝殿

江戸時代には、関東以北の人々がお伊勢参りの後に東国三社を巡る「下三宮参り」を行う慣習があり、昔から篤い信仰を集めていました。三社の位置を結ぶと直角二等辺三角形になるとか、富士山を意識して建てられているとか、様々な説が語られているようで、「東国三社参り」のバスツアーがあるなど、現在も人気の観光コースみたいです。

kasimaj1.jpg 鹿島神宮

最後に鹿島神宮を訪れたのですが、臨時駐車場も含めてどこも満車でした。駐車場を探して神宮の周りを走るとおびただしい数の路上駐車があり、私たちも仕方なくそこに車を停めて神宮へ向かいました。香取神社と比べると異常とも言える人の多さに「何故?」という疑問が沸きましたが、鳥居を潜り、楼門の前まで来たところで理由が判明しました。

kasimaj2.jpg

茨城県牛久市出身の横綱「稀勢の里」がお目見えするとあって、地元のファンが鹿島神宮に押し寄せたのでした。鹿島神宮と香取神宮は、武神を祀る神社として武家から信仰され、現代でも武術方面からの信仰が強いのだそうです。この日に当たったのは運が良いのか悪いのか、15分ほど喧騒の中に身を投じて、奉納土俵入りの雰囲気を味わいました。ほとんど稀勢の里は見えませんでしたが(笑)

kasimaj3.jpg
kasimaj4.jpg

しかし土俵入りは僅か1~2分のことなので、数分後には蜘蛛の子を散らすように人がいなくなり、神社本来の静けさも味わうことができました。(つづく)

岸 未希亜

Go to top

2017年06月25日

施主中間検査

s_IMG_0727.JPG

工事の進行具合、施工状況など、実際にお施主様に目視で確認していただきながら、現場監督が説明してまいります。

実際の現場に来て、いざ空間に入ると、生活のイメージも膨らみます!

工事現場で、ふだん見えないところまでを現場監督が丁寧に説明をしながらお施主様を案内するので、安心もできますね!

Go to top

2017年06月24日

設備工事

s_IMG_1016.JPG

給排水などの通り道、お湯が通る管など、設備工事へと入っていきます。
工事をする際、現場監督が事前に位置を計測して、正確な場所に管が通るよう指示しておきます!

設備が付いたあとも、ずれや間違いがないかなどもチェックをします。

間違いや事故を防ぐのと、今後の工事がスムーズに進めるよう、細かいところまで現場監督は目を光らせます!

Go to top

2017年06月24日

施主検査

0624施主検査0001.jpg
お施主様立ち合いによる木工事中間確認を行いました。下地の状況や電気配線などを確認していただきます。

Go to top

2017年06月23日

基礎工事 着工

s_IMG_1244.JPG
s_IMG_1247.JPG

いよいよ工事が始まります。着工してまず行われるのが遣り方(やりかた)です。
基礎の外周に、高さや位置の基準となる木枠を回し、板に基礎位置の印を付けていきます。遣り方は、建物の位置を決めるために非常に重要な作業です。

Go to top

2017年06月22日

木工事

0626養生0005.jpg
壁に石膏ボードが貼られました。石膏ボードが貼られると随分部屋らしくなってきます。柱に巻いてある青い物は、汚れや傷から柱を守る養生カバーで、真壁造りの家には必須アイテムです。

Go to top

2017年06月22日

ウッドバルコニー

0622デッキ.jpg
2階に桧のウッドバルコニーを作ります。木部には、屋外用木材保護塗料のキシラデコールを塗装しました。キシラデコールは、日光や風雨に強い耐候性顔料の効果で鮮明な色が長持ち、長期間木材を保護する特徴があります。


Go to top

2017年06月22日

立上り型枠工事

0622立上り0003.jpg
底盤コンクリートの打設に続き、立ち上がり部分の型枠を組み、断熱材を枠内にセットします。基礎立ち上がりの内側で断熱を行う基礎断熱を採用しています。

Go to top

2017年06月20日

コンクリート打設

panelimg.jpg
基礎のコンクリートを打設する前に、コンクリートの品質を確認します。まずは納入書で、指示通りの配合になっているかと、出荷時刻をチェックします。
水色の容器では空気量を測っています。その右横ではスランプ値(コンクリートの柔らかさ)を測り、手前の小さな容器では塩化物含有試験を行っています。破壊試験用のテストピースも6個作ります。

0620打設2.jpg
品質検査が終わるといよいよ打設です。ポンプ車で生コンクリートを型枠の中に流し込みますが、流し込みの際、バイブレーターで生コンを撹拌します。バイブレータで振動を与えることで、隅々までしっかりとコンクリートが充填されます。

konnkuri-to.jpg
コンクリートの表面をトンボでならし、浮き出た水分を除去します。最後はコテで均して仕上げます。

Go to top